高田探偵ひとりごと
2021年8月7日

80代のおじいさんの想い

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田でございます。

猛暑で救急車がたくさん見かけるなと思いながら車で走行していた時、信号待ちをしていたら歩行者側を見るとおじいさんが自転車で転倒しておりました。

慌ててハザードを立て、おじいさんのもとに駆けつけおじいさんを起こすも足を打ったらしくてなかなか起き上がれず。

おじいさんが大丈夫だ、大丈夫だと言っていたのですが、抱っこをして起き上がり、転倒してしまった自転車のかごには、菓子パンと飲み物も転がっておりました。

おじいさんが、パンと飲み物が落ちてしまったといったのですぐにそれらを拾いおじいさんの手に。

おじいさんは足を痛めでもそれを我慢して自転車を乗ろうとしておりました。

助かった助かった、あなた様みたいな人もこの世にまだいるなんてありがたい

歳をとってこんな転んでしまい情けない

と涙しておりました。

わたくしが、

歳は誰でもとるし、情けなくないですよ。

こんなことはありがたいことでもなんでもないです。

そうするとおじいさんがホッとしたかのように言いました。

わしは、今から奥さんの病院にどうしてもいかないといけない。

奥さんは癌になって入院していて転移してるからわしがついてやらないと。

この菓子パンと飲み物を持っていかないと

とても心がジーンとしました。

車で送っていきますよとなりましたが、偶然、パトカーが通り、一瞬、わたしがおじいさんを引いたと疑われましたが、おじいさんんが猛攻撃で警察の方にいっていただきました。

おじいさんを警察の方にお任せして車を発進するとき、おじいさんが帽子をとって深々とおじぎをしている姿が本当にうれしかったです。

人生っていうのは人それぞれいろいろなことがあって、80過ぎのおじいさんも歯もなくても自分より病気の奥さんに食べ物を食べさせたいという思いが心をうたれました。

余談ですが、おじいさんおばあさんに人気が高い高田さんです。笑

しかし、おじいさんが自転車で転倒しても周りの人は助けないものですね。
悲しい現実。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日も正を正してがんばりますか。

それではみなさまごきげんよう

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。