探偵業として探偵が感じたこと
2021年9月10日

探偵をして心から嬉しい言葉

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田でございます。

わたくしも探偵として30年近く携わっておりますが、探偵歴が長いといえ自称探偵もいるわけですから本業として探偵を30年している身として話をしたいと思います。

わたくしがまだ20代の頃は調査員として結婚調査が専門でした。

まだ若いこともあり、お客様にはただの事務員にしか見えなかったことでしょう。

調査には若いは若いで不利なこともあったり有利なこともあって、若い年齢での有利なことは大学の卒業論文で研究しておりまーす!とごまかしたり、若い年齢で不利なのは、小娘扱いにされかまってくれなかったりして、わざとえんぴつで顔にしわを書いたりしたりしたこともありました。苦笑

でも、一生懸命した調査を上司が報告する際、お客様にお茶だしをしたとき、お客様が調査報告書を拝見して

『まー、なんて重厚な調査報告書なの!これなら、調査料金もかかるはずねー』

本当にこの言葉は、今でもわたくしの心の中に感動しました。

自分ががんばって調査して報告書を当時はペンだこができるまで時間をかけ、先輩に当時はワープロで打ってもらい、お客様の声を聞くことはありませんでした。

それからなにかにとりつかれたかのように仕事に専念したものでした。

それから、経営者になって

『調査してよかった』
『ここの探偵事務所でよかった』

この言葉がやはり探偵として心から嬉しい言葉ですよね。

40歳過ぎてから現在に至って、もう一段、更に上の嬉しい言葉があります。

『高田さんに出会えてよかった』
『高田さんに出会えて、自分が変わった』

これは骨にしみる嬉しい言葉ですね。

調査してよかったという言葉でも最上級な褒め言葉だと思っておりましたが、年齢と経験を重ねるとさらなる感動が生まれるものですね。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。