高田探偵ひとりごと
2021年2月26日

探偵ブログ『高田さんってどんな人?』

おはようございます。名古屋の探偵@高田でございます。

最近は難しい案件があり頭を悩ますこの頃であります。

本日は少し自分の事でも書いてみようかと思います。

そうですね。自分で言うのもなんですが、基本的には真面目です。

ど真面目かといえば、堅物な真面目だと探偵業もやってられないのでそういう真面目ではないのですが、努力の真面目という表現のがいいのかもしれません。

よって努力は得意だと思っております。

探偵だけあって、興味ある探究心は半端なくある方です。

七転八起、1000転んでも1001で起き上がってみせると歩き続けるタイプです。

お客様や人に夢を持たせるのが得意かもしれないです。笑

↑こういう事を言って笑ってもらえるのが得意かもしれないです。笑

探偵業界ではわたくしは超ベテラン、とってつけた様な本当かうそかわからない探偵歴が長い人よりスキルには大いに自信があります。

誰よりも負けない努力と根性、何より1年で数件の案件という数字と違い桁違いの経験をこなし続けているので、怪しい仕事や職業より正当に胸をはれる仕事をこなしているために、探偵が怪しいどころかわたくしは自身が取り組む探偵に誇りを持ち、正義を持った、責任感の塊の探偵だというのはお会いしてお話すれば200%納得ができます。笑

余談のことといえば、

気に入った衣類、靴は3枚や2枚は同じ物を買ってしまいます。
なので、だいたい同じ格好をしている。(仕事着に限る)

気に入った食べ物も結構な頻度で食べ続けます。

困った人は恩着せがましくなくすることが好きです。

良くも悪くも悲しくとも人の目の奥を無意識にみてしまいます。
なので、いんちき占い師より当たると評判です。苦笑
仕事ではお客様の心理を把握できるために、解決にこだわれる利点があります。

そこらへんのゆるい男性経営者よりできると自負しております。
それは努力の差と思っております。
なので、同業者などには嫌な思いをさせた経験はありませんが嫌がられているのかもしれません。苦笑

今でこそ、経営者としての貫禄もできましたが、経営者の新参者の時には、男という力を利用して机を叩いて威嚇してきたり、罵声をいきなりあびせてくる男性もおられました。

とりあえず、倍返しをしたらほとんどの人は目が点になって唖然としていただけでなく、いきなり土下座して謝罪してきました。
だったら最初からそんなことするなと思いましたが。
中には、付き添いの方が後日、連絡が来てよくぞ言ってくれましたとお礼されたことも何度とありました。

本当に数え切れないくらい色々なことってあるんだなと思うくらい経験してきました。

でも、今でも嬉しくてそれがあるからがんばれるのは、お客様の調査やトラブルが解決しても年月が過ぎても応援してくれることです。

だから、20年前より、10年前より、5年前より、、、、、今の高田さんのがもっとパワーアップして解決にこだわることもできるし、これからもそういう自分でいたいと思います。

本日はつぶやいてみました。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。