探偵の現場
2021年3月23日

探偵ブログ『探偵業も長くしていると、、、笑』

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

いきなりですが、探偵智識としてコロナ禍、マスクをしているとなかなか調査対象者が見分けが難しいのではないか?

そうとも言えますが、我々はプロの探偵ですので、調査対照者のまゆげ、目元、そして耳の形、髪型の分け目、もみあげ、そういったところも直視しております。

探偵業を長くしていると、5,6年前の話で苦笑い話の過去のひとつなのですが、とある調査現場にのぞきにいき、とあるパチンコ店で調査対象者が遊戯をしておりました。

その旨を調査員らから聞き、さっそく店内にいくと。。。。。

一人の見知らぬ男性が、わたくしの事を見かけ深々とおじぎをするではありませんか。

ん?

何かの間違いかと素通りするも、またその見知らぬ男性と会い、おじぎをする。

調査員らのもとへもどるも、知らないという。

思いきってその男性に声をかけたら、同業者で違う案件の調査中だったらしく、わたくしとは面識はないがわたくしのことを知っているらしく、有名人?なのでおじぎしましたとの事。苦笑

はぁ。ありがとうございます。苦笑

苦笑いの話の過去のひとつがもうひとつ。

これも7、8年前ですが学生時代の先輩と会話中、ひとりで探偵をがんばっている男性がいるよと聞き、真面目に探偵している人なら一度、会ってみたいですと言ってみたら、会うことになりました。

当社へ来ることになり、予定時刻、20分前に昼食を終え会社に戻ろうとしたら、探偵の感が働き、素通りした車、その素通りした車内の男性の素振りをみて、一緒にいた事務員に

『おそらく、今日来る同業の人、あの車の人だよ』

と予想したら、ビンゴ。正解でした。笑

はじめましてと初対面したのですが、その同業者にも、高田さんが名鉄パーキングから車で出て行くのを何ヶ月か前に拝見しましたが、面識がなかったので声をかけれなかったと。

そしてまた違う場面では、お昼時、わたくしが若い衆を連れて街を歩いていたらしく、喜んで声をかけようと思った矢先、よくよくみると、わたくしが先頭をきって、まるで石原軍団のようで声をかけれなかったと、ブログを拝見していた方にブログのコメント欄に書き込んでいただいた人もおられました。笑

いやー、どこでだれに見られているのかわからないですね。苦笑

顔出しして広告というのはおそろしい。
ちなみに、出たがりではなく、身を削っての顔出しですのでご了承ください。笑

と、本日はほのぼおののブログにしてみました。

加藤くん、橋村くん、にっこりで♪笑

では、本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。
それではみなさまごきげんよう。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。