人として探偵が感じたこと
2012年6月5日

探偵ブログ「価値にするのは難しい?」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日の名古屋は曇り空。

本日は価値にするのは難しい?というタイトルにしました。

ひとつの事に対して同じ経験をしても、

経験を活かされている人

経験を活かしきれていない人

どちらかに分かれると経営者になったときに感じた時にわたくしは前者でありたいと思いました。

そうするかしないかは、わたくし次第の問題であることも理解しなくてはならない。

ピンチはチャンス

そしてチャンスをもの(価値)にする

それはすぐには価値となって形にならなくてもいいのです。じんわりでも自分自身の武器になっていれば。

こういう探偵業というのは、いろいろな人たちを見てきております。

せっかくのチャンスを自分の楽をするためのわがままな行動で失ってしまった人たちも見てきております。

それらを価値にするのは難しいですね。

価値が簡単に備わるならこんな苦労はしないかなと思うこのごろ。

難しい=めんどくさい=努力し続ける

なかなか難しい壁を乗り越えようとする人たちが少ないから、

「価値」があるのかもしれませんね。笑

ふぅ。。。笑

今朝はちょっと珍しいことがありました。

この10年間、母親の夢というのはあまりいいイメージがなく、うなされて起きてました。

でも今日の夢は違いました。

姉と妹とわたしが昔の高田家本家にてなんだか三人とも泣いておりました。

でも、当時の子供部屋に妹が出たり入ったりしている中、妹と姉は1Fに降りていき、ふとその子供部屋を見たら、母親が笑って覗いてました。

「幸枝、ママはこの部屋に実はいるよ」

っていわんばかりに・・・・。

びっくりして、だから妹はそれを知っていたから子供部屋入ったりでたりしてたんだと思い、姉にそのこと知らせたら、姉も慌てて子供部屋に入っていきました。

10年ぶりに母親の笑っている姿をみました・・・・・。

すごくいい笑顔していた・・・・。

所詮、夢であって現実ではないので。苦笑

母親は、梅の花、あじさい、個性的な花が好きでした。

無口で大人しく人の悪口はいっさい言わない人でした。

そんなこんなで。笑っとこ。

さて本日もご来所されるお客さま方、お気をつけていらしてください。

では、ごきげんよう・・・。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。