人として探偵が感じたこと
2021年8月6日

今からでも最高の思い出を

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田でございます。

オリンピックのアスリートの方々のメダルをとった方、とらなかった方、オリンピックを目指していた方々の涙って本当に深いなと毎回見て思います。

思いがたくさん詰まった涙はひとしお。

社会人になった20代の若者は、なにか夢中になるものを、なにかに一生懸命なれる仕事を

49になったわたくしからのアドバイスかもしれません。

わたくしも、今の自分でいられるのも必死に夢中になってがんばった過去があるからだと思っております。
あの年月がなければ今の自分はいなかった。
あの年月がなければ今の自分を築けれなかった。

なにかの過程を経て今の自分を作る、作り上げる、自分という取り扱い説明書ができる

なにかの過程でちょっとしたことで愚痴るなよ、文句いうなよ。

自分がこれだと思ったこと、公園でブランコがつまらなくなったとは訳が違うんですから。

人のこととやかく言うなら、自分はどうなんだよ。何様なんだよ。

とわたくしは思います。

中高年の人たちも、今からでも最高の思い出をつくることだってできるのも自分自身。

若い頃だった出来事もありますが、若い頃だったからできなかったこともあるはずです。

突然のよからぬ出来事も人生にはあります。

でも苦い思いでも笑って過去を話せる自分にも必ずできます。

今の苦しい思いはたくさん泣いた方がいい。たくさん涙を流した方が良い。

その涙が種となり芽がでて花が咲き出します。

悩みとか苦しみって時間が解決してくれるとか聞きますが、ただ我慢していれば解決はしない。

その悩みを苦しくても向き合いやり遂げてから時間が解決するとわたくしはそう感じ、我慢だけでは
一生抱え込む人生になりかねません。

今からでも最高の思い出を考えてちょっとずつでも歩いてみるのもいいのかもしれませんね。

高田さんの最高の思い出はなんになるのかなー。

それにむけてわたしもがんばろうかな。

本日はそんなところです。

さてと本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。