人として探偵が感じたこと
2021年2月17日

探偵ブログ『今回のお話は、過去を変える』

おはようございます。名古屋の探偵@高田でございます。

こだわりが強くてなかなか気に入る老眼鏡がなく、それから1年が過ぎめっきり老眼鏡を買うタイミングを逃している高田探偵です。

本日は、探偵ブログ『過去を変える』とういうタイトルにさせていただきます。

よくわたくしのブログでも

過去は変えられないけど、未来は自分次第で変えれる

とよく言っております。

そこで今回は、

未来はだれもが予測しかできない、予測すらできないけど、過去は変えれる

結論を先に言えば、同じことなんです。

人という自分やみなさんにだって、潰されそうになるくらい挫折とか苦しみとか悔しさ、悲しさって経験することもあります。

そしてそれらがその人の経験となってときに心の傷になったり、トラウマになったり、今の今の現実の厳しさに辛い思いをしている人もいるでしょう。

それらが、心に刻んだ記憶として残っていく。

心に刻む記憶とは悪いこともそうですが、学生時代でも勉強の内容なんて記憶にないけど、友達と過ごした青春は小さな出来事まで記憶に残り当時の仲間とそれらを一晩中に語ることもできる。

わたくしもそんなことを先日考えておりました。

でもどうでしょう。
人に失敗なんてないように思います。

その時は、潰されそうになるくらい、ふさぎこんでしまいたいくらい、逃げ出したいくらいの後悔であっても、不安だらけの未来でも、

今が良かったと思い続ける大切さで、あの経験があったからこそと言えるまでの年月を過ぎたとき、過去の自分が思う失敗はもう失敗ではないと思います。

経験したからこそ、はじめてその輝きにきづく。いや輝き始めるのかもしれません。

一番してはいけないことと思うのは、何もしないと何もはじまらず、何もしないと先もないということです。

本日は少しこんなことを語ってみました。

さてと本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。