人として探偵が感じたこと
2020年8月14日

探偵ブログ「新しい生活」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

最近は、デスク周りを片付け半分、バージョンアップにはげんでおりまして、PC2台をデスクに設置してメカニック風になっております。

さてさて最近はジャニーズの退社が立て続いておりますが、いろいろと考えさせられます。

SMAPが大ファンではありませんでしたが、あの解散の仕方は未来を暗くしてしまう結末だったと個人的には思いました。

何十年と山あり谷ありの経緯はあったにせよ、世界的アイドルであった責任を果たせなかったこと。

せめて、あと一年後の翌年?25周年を終えて、ファンのみんなに感謝のツアーをするべきだったと強く感じました。
嵐の年内で活動休止ではありませんが、それを拝見するたびにそう感じます。

香取慎吾さんたちが先日のテレビ?かなにかで退所後、「こんなにもテレビに出れないんだ」と痛感したとかなんとか。

こんな言葉を聞きたくもなかったのが正直な意見。
手越さんも似たようなこと発言しておりましたが。

本日の探偵ブログは「新しい生活」というタイトル

新しい生活や環境というのは、大きく分けて4段階に分かれます。

1つめは、好奇心
2つめは、不満
3つめは、知ったか
4つめは、自分のものにする

よく仕事でもやればいいという事ではない。
でもきっかけはそれで良いと思います。

タイルの清掃ひとつにしても

ただ拭けばいいということではなく、
汚れがとれたら、白さとはなにかと問いかける
くもりとは何かと問いかける

誰もがいやがることをおこない
気にかけないことにも手をかかる

美容師なら
毛髪はどう流れているのか
頭皮の形
それらを見極めること
髪の流れがそのお客様の生き様
人には人の形があり、それを見極めずして形を与えるのは醜いものばかりです

そしてくしですくい上げた際に忘れていた風が通り抜けるんです。

そうやって人は未来への自分を見つけ出すのだと感じます。

そうすることによって味わったことがない喜びを知る

そうやってどこの感情からきているのかわからない喜びや楽しさを知ると
自然と自分への利益になっているものです。

だれだって、不満を言えばきりがなく誰でも抱えているものだと思っております。
わたくしだってそうですもの。

でも、あるべき環境でどうあるべきか、どう歩くべきか、どう解決していくべきか、どう判断すべきか

本日はなんとなくこんなことを書いてみました。

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。