探偵業として探偵が感じたこと
2012年6月7日

探偵ブログ「プロ意識」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今日も気持ちいい天気となりました。

本日は、プロ意識というタイトルにしました。

わたくしも今の仕事に於いて「プロ意識」はもちろんあり、それと共に日々向上したいという気持ちで取り組んでおります。

そんな日々の中で、とある場面で「プロ」イコール「本物」に出会うと言葉に出る前に体と心でどこからでているのかわからない気持ちで「すごい」と思うのはわたくしだけでしょうか?

そう感じてしまったらそれを集中してみていると、プロ=本物と感じた共通したキーワードはすべて、繊細なもので組み立てられたりしているものばかりでした。

またそれを感じ感動する。

不思議なキラキラしたなにかが体に流れます。

この曲は、勉強会の仲間が作曲した作品です。

ただの仲間の一人だった柳町茂樹氏(サウンドプラス)の作品を勉強会で拝見し、わたくしはすごく衝撃的でした。

見た目と違い、すごく繊細な曲ばかり。

でも、今度は仕事から彼を見るとすごく勉強家、努力家で、性格もすごくさりげない優しさとやわらかな包容力、彼らしい曲であり、彼らしい仕事であると共に、ばかにしていた訳じゃないですが、「曲でもこんなに気持ちが伝わるんだ」と感動しました。

これは一例であり、この勉強会で何人かの先輩、仲間たちにも、プロ=本物と感じた人たちにはなんとも言えない衝撃が走り、そして仕事を垣間見るとそこには、語りつくせれない努力と努力、そして熱い思いと繊細な性格がうかがえます。

これがわたくしにとって結構な刺激になる瞬間でありまして、すごくいいもの見つけた気分になりますし、気持ち的にも得した気分にもなるのです。

そんなに感動、衝撃を受けたならもっとその時にも表現すればいいのですが、そこは無表情にじわじわ、むっつりと何もなかったように・・・・・
ひとりで感動している・・・・笑

全然違う、異業種からもすごく刺激を受けれるということをこの勉強会で教えていただきました。

関わり方ひとつの考え方を変えるか変えないかで視野も違っていき、経営者としての域も幅も違ってくることも教わりました。

さて本日も、正を正してがんばってまいります。

それでは、本日もよろしくお願いいたします。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。