探偵業として探偵が感じたこと
2012年6月4日

探偵ブログ「小さい疑問が大きな信頼を失う」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日2件目です。

案の定、バタバタしている月曜日、仕事があるというのはありがたいお話だと気を引き締めて取り組んでいます。

ようやくちょっとひといき・・・・コーヒータイム。

本日は小さい疑問が大きな信頼を失うというタイトルにしました。

以前にも書かせていただきましたが、本当に低レベルの探偵社が未だに多いと感じられる今日ですが、低レベルな上にお客さまたちは納得がいかないばかりか、余計に不安が重なり、

悩みに疲れているのか

探偵社の不信・不安、探偵社選びに疲れているのか

わからなくなっているお客さまたちもおられるのであります。

お客さま(依頼人)が質問すると挙動不審になり、即答ができない。

2・3回同じ事を聞いても話しが二転三転する。

真実を知りたいと追求すると調査料金を返金して逃れようとする。

それが余計に不信感がつのり、小さな疑問が後に大きな信頼を失い、今まで調査してきた内容も本当に調査したのかとも不安になってしまうという悪循環。

わたくしが話を聞いても、同業なのに理解できないことも多々あります。

今年に入り、そういった事例を抱えて駆け込んでくるお客さまたちが急増しております。

いつもその時に思うことが、

こういった低レベルな探偵社と同じ業種でありたくない

と強く思うわたくしですが、なので他の探偵社等との差別化をいつも心がけております。

わたくしは、絶対にお客さまたちを裏切らない。

火傷に注意の@高田幸枝でした。

では・・・・。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。