探偵業として探偵が感じたこと
2021年3月30日

探偵ブログ『浮気調査~ウソがこぼれ落ちる~』

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

このブログ、本当にご自身で書かれているのですか?なんて先日、取引先から質問されましたが、、、、、

カイテマスヨ。笑

さっそく、本日のブログにさせていただきますが、

浮気調査をご希望のお客様たちのご相談の内容の特徴は、浮気する夫や妻の不可解な行動だったり、質問されたくない回答にごまかしや逆キレしてケンカがたえなかったり、

よくある内容のひとつです。

でも、要はウソを貫き、それまではウソはわからずともウソは真実でもなく架空のことであって繋がらない話や出来事は、こぼれおちます。

そのこぼれ落ちたところで、様子がおかしいと疑いがかかる。

疑いがかかり真実を問いただすと、はぐらかす。逆キレをする。

これは典型的なパターンです。

なににせよ、浮気は浮ついた気持ちであってそれを改心すればいいこと。

一番おそれるのは、浮気が本気になることです。

浮気調査を実行する大半は浮気です。

稀に、これは浮気でなく本気ではないかというケースもあります。

素人の方やお客様たち以外に聞かれ驚かれることが、浮気調査をして離婚する人は2、3割程度ということです。

浮気調査のご相談されるお客様たちから、わたしの相談は珍しいのでしょうか?と聞かれることがありますが、ご相談内容を聞いているとだいたい浮気しているか浮気していないかが経験上、推測はできます。

ただ予言者でも占い師でもないですので、調査はしてみないとわからないことも大半ですが、過去の経験や事例からある程度は確率高く的中できます。

なので、お客様との相談の際、予言しているわけではないですが、なんでわかるんですか?とよく言われます。

ちなみにですが、浮気で悩むお客様がいざ浮気調査をすると決めた時から、お客様の顔の表情や精神状態がパッと変わります。
これは当社では、あるあるのお話です。

調査をして真実がでてくるとなったらホッとした。

解決する方向性がわかったら気が楽になった。

本当によくわからないエステ行くよりもすごく素敵な表情になり、心の重たい荷物がなくなったかのようになります。

それを垣間見るのがわたくしは好きです。

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。