探偵業として探偵が感じたこと
2020年12月10日

探偵ブログ『企業の不正調査』

おはようございます。名古屋の探偵@LASラスボスの高田幸枝です。笑

Lの呼吸 ってやってみたり。笑

ルパンの娘、毎週喜んで見ております。

昨日、スタッフ達がいたのでトイレから戻ったとき、踊りながら帰ったらみんな苦笑いしてましたが。。。。。

と、ふざけてしまいましたが、本日は探偵ブログ『企業の不正調査』というタイトルにさせていただきます。

企業の不正調査を当社は浮気調査以外に多く執り行っている調査でもありますが、浮気現場や不貞の証拠と違い、依頼人でもある企業様が調査後の調査報告書で、元従業員が登場したり、取引先が出たり、我々ではわからない場面が証拠なることも多いのが特長です。

その中でも一番思い出に残るのが、社長の不正調査でした。

最後は全国の所長さんらが株主総会に参加し、社長の解任が決定。

調査中、その中のとある地域の所長さん(A氏)が当社へ訪問し、急逝した創業者の思いを涙ながらに語りました。

『わたしたちは、会長が右といったら右に歩き、左と言ったら左。会長の背中を見て歩いてきました。

 ここまで成長できたのも会長のおかげで、わたしたちの今があるのも会長のおかげです。

 ここで会社を潰すわけには行きません。高田社長、どうかよろしくお願いします。』

調査が終了し、株主総会の前の打ち合わせでわたくしも呼ばれました。

そうはいっても役員や各地域の所長さん等は、なかなかはっきりした方向性を決めるには躊躇していたり、自分が旗をあげる勇気もない様子でした。

わたくしは、途中で手をあげ、

『わたくしは、会社とは関係ない人物ではありますが、』

と、A氏の名前を出さず、会社への思いだとか会社への愛、会長への本当の意味での恩返しを今すべきなのではないでしょうか?

あまり詳しいことは書けませんが、この様なお話をしました。

それらをお話したとき、会長の家族の方々は涙しておりました。

それから後日、A氏から連絡がありあれからの役員等の動きが変わったそうです。

あれからもう随分、年月が経ちましたが見事、立派な会社に生まれ変わっている様子をみて本当に良かったと思いました。

心に残る思い出の調査のひとつです。

本日はそんなところで

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばるぞ。

それではみなさまごきげんよう

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。