高田探偵ひとりごと
2017年3月23日

たかだ探偵の「流した涙を自分に問いかけてみる」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日も調査現場が賑わっております。
なかなかわたくし自身も気持ちが落ち着かないなと思いながら。

本日は、たかだ探偵の「流した涙を自分に問いかけてみる」というタイトルにさせていただきます。

わたくしも探偵というお仕事に携わってたくさんのお客様方の涙を見ております。

それはすべて悲しみの涙で・・・・・そんな涙で溺れそうになるくらいの思いでお客様たちは駆け込んで来られるのです。

そんなお客様方の悲しみの涙を希望の涙にするのがわたくしのお仕事となります。

そしてこれからの涙を後悔した涙にしないように・・・・・・・。

お客様自身で自分の流した涙を自身で問いかけてみること。

とても大切なこと

人は必ず、「こうしたい」「こうなりたい」と思うことがあるはず

そのために流している涙かどうか

どうして涙がでるのだろう

どうしてこんなに苦しいのだろう

誰もひとりなんかになりたくないですし、誰もあえて不幸の道を選ばないでしょう。

悲しい苦しいことを超えたら幸せは必ずあるのかどうか。

悲しい苦しいことを超えても幸せはないのかどうか。

希望の涙と後悔の涙

どちらも同じ涙なんです。

深いですね。

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。