高田探偵ひとりごと
2016年10月21日

探偵ブログ「悪口は言われた方が良かった?笑」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

 

毎日の気温の変化、みなさまも風邪にはお気をつけください。

 

本日は、悪口は言われた方が良かった?というタイトルにさせていただきます。

 

ご存知のようにわたくしは女性の経営者となります。

美容業界とか女性が活躍する業種どころか、がっつり男業界、異業種でも経営者でも男性が多い中、なにかと・・・・・言われるときがあります。

 

要は、女性なのにかわいげがない

 

苦笑

 

男性「そんなやり方していたら商売はやっていけないぞ~」

 

女性「すごーい!○○社長みたいになりたいんですけど、なかなか~ ウフっ」

 

男性はこんな女性のがかわいいに決まってますものね。

 

昔のわたくしの場合、男性にそう言われたとしたら、その「やり方」をやってしまうどころか、黙ってそれ以上してしまう・・・・

 

そりゃーかわいくないわけです。苦笑

 

新しいことをすればなにかと陰口を言われ、がんばったら片意地はっていると言われ、

 

パトロンがいるだの、探偵業では食べていけないから賃貸収入があるとか言われたり。

 

そんな事実、ひとつもないのになんでこんな事をいつも聞くと気分が良くないとき、

 

とある女性経営者に質問したら

 

「悪口は良いことやで。それだけ、高田に関心を持っているということ。

 

存在が気になること。

 

高田が間違ってないと思って歩いているなら胸をはって歩きなさい。

 

いいか、見栄をはるのではない、胸をはれ」

 

この言葉を聞いて、ホッとしました。

 

それまでは、そんないやな話を聞くと、がんばっている自分を否定されている気分になり嫌な思いをしましたが、それからは、風の便りで聞いても、自分の事を話題に出してもらえて光栄かもと思うようになりました。

 

愛の反対は憎しみではなく無関心です

マザー・テレサ

 

今は逆に話題にもでない方のが、悲しいのかもしれません。

 

人はこうやってたくましくなっていくのでしょうか?笑

 

どちらにしても、正した道を胸をはって歩きたいと思っております。

 

本日はそんなところでしょうか

 

さてと本日もはじまります。

 

本日も正を正してがんばりたいと思います。

 

それではみなさまごきげんよう~

 

 

 

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。
pagetop