高田探偵ひとりごと
2018年4月8日

探偵ブログ「3年5年後のあるべき自分を想像する」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

さっむいですねー。気温の差が10℃近くもある日々の繰り返し。

みなさまも体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

本日は、高田探偵の「3年5年後のあるべき自分を想像する」というタイトルにさせていただきます。

わたくしも探偵歴25年、経営者として13年目

10年で生き残る企業はわずか1割、10社中1社しか生き残れないという。

この探偵業界も10年前とでは継続している会社は本当にごくわずかだというのは統計的にはあっていると思います。

だから自慢?と言われそうですが、自慢と言えば自慢ですかね。

でも、経営者当初から5・6年はそんなこと考えてもいないくらいがむしゃらで、今の自分を想像もしていなかったですが、想像をしていなかったという言葉の表現は間違えかな、目標の軸はぶれなかったですが、漠然としてただただ必死でありました。

そんなトントン拍子で仕事もうまくいくことばかりではなく、山あり谷ありの過程もたくさんありました。
ただ、貫き通してきたことは過去一度も大きな経営難になったことはないことはありがたいことだと思います。
(これはみなさんに感心されることなんですが自分自身も驚いております)

先ほど書きましたように自慢ですと書きましたが、申し訳ないですがそれだけがんばりましたのでという表現です。

わたくしは才能が特別あるわけでなく、ただ才能がないなら努力で補ってまだ足りぬなら更にそして更に努力してきたこと。

だからみなさんならもっとわたくしより努力しなくてもできるのかもしれませんね。

前置きが長くなりましたが、わたくしは、わたくし自身にもそうしておりますが、お客様や当社のスタッフ達にもお伝えしていることは、3年後5年後どちらでもいいですが、どういう自分でいたいかをお話をします。

お客様達には、

3年後、お客様自身がどういう自分でいたいか、それには誰が必要なのか

そうすると、なにをしないといけないのか、スタスタと歩かなくてもたとえ1歩でも進むことにより、気持ちも思いも見ている視界も変わってくるんです。

スタッフ達には、いつも言い続ける言葉でもあります。
20代前半なら、25歳になる何年後にどういう自分でいたいのか
20代後半なら、30歳になる何年後までに

そしてそれらの過程を歩いてきたスタッフ達には、ちょっと表現が悪いですが、

だまされたと思って35までに今までの価値を無駄せず歩き続けること

だまされたという表現はよくないのですが、難しく考えると歩きづらくなるといけないという意味合いでそう伝えているだけです。

35になると自分の道が必ず見えてくる

近年、労働環境とかパワハラとか問題視されているわけですが、それはそれでもちろん改善しないといけない事実はあるわけです。

でも、そもそももって仕事への意味ってなんなのかってところで、ただお金が欲しいだけの仕事なら福利厚生だの待遇だのの条件から企業に就職する意味はあるんだと思います。

仕事への目的がそもそもない人は、就職しても続かないですし、やることなすこと不平不満も生じるし、すべてがめんどくさい。

野球に興味がない人に、バットを持って素振りしてねといっても嫌だろうし、キャッチボールも嫌だろうし。

ただ昔のように1年でレギュラーになるためには、もっとバットの素振りをやれ、走りこめという時代ではなく、それを1年を2年、3年かけてレギュラーになる工夫をすることは必要な時代だと思います。

でも、野球に興味がない時点でそれでも嫌は嫌なんですよね。要はすべてがいや。

目的がない人とある人ではこんなに違うんです。

やりたい、なりたいことって誰にだってあるんだと思います。

それはそれで素晴らしいこと

でも、なりたい、やりたいってその時点ではまだ実現も達成もしていない。

あてもない人生はだれだって不安。

ただ一言言わせていただくと

やりなおしができる時にやりなおしはした方がいい
いつか、やりなおしができない時が来る

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまりました。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

平成29年11月19日より本社を(下記)にて営業しております。

新社屋は名古屋駅が最寄り駅となり、全国からのお客様方の交通アクセスが便利になります。

またスペースが広くなり、ご来訪いただく皆様方に十分ゆったりとしたスペースをご提供できるようになりました。

これを機に社員一同旧に倍して精励し皆様のご期待に沿う決意です。

今後とも格別のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

前住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

現住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール12番出口上がってすぐ

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。