おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

朝晩は涼しくなりました。季節の変わり目ですのでみなさんも体調を崩さないようにしてください。

本日は『目を背けることは不安の証』

わたくしもたくさんの悩むお客様たちと関わっておりますが、悩む悩まない関係なく人は何かしら目を背けることというのはみなさんもあると思います。

それは目を背けることそれはイコール不安だったり向き合う勇気がないこと

以前、経営者の勉強会でわたくしはそこの室長をさせていただいたのですが1年の方針として『心の扉を開く』という方針にしました。

一人一人の経営者の方々の課題に寄り添い向上していくことが目的なんですが、1年を通して得たものとしての結果は、

人、自分というのは都合のよい扉はスタスタと開けていくのですが、最後に開けなければいけない扉にいずれ向き合わなくてはいけません。

その扉には南京錠がたくさーん、自分がいつの間にかつけてしまっている。

錆付いてたくさん鍵があるので余計開けづらくなっている。

結果論から申しますと、その扉の鍵は紛れもなく自分の手なんですよね。

気づいてないようで、本当はその扉を開けないといけないことを知っているので無意識にその扉から避けて避けている。

わたくしも自身がそれに気づいたとき、あまりにもでかすぎた扉だったので気づかなかった?いつしか忘れていた?のかもしれません。

道は繋がっている

どんだけ道を迷っても迷路みたいな道でも人というのは向き合ったことがない、向き合えないところに来るのだと思います。

嫌なこと、心弱いことに向き合うことに目を背けていても、向き合うことで心の中の散らかったものが整理されていく。

ファイト!ガッツ!ガッツ!って毎日を送ることではないんです。

できるかできないかではなく、やるかやらないか

前のブログでも書いてますが、吐くという字は、口に+と-と書きます。

口から吐き出すなど言いますが、口から吐き出すことにプラスもマイナスも出す。

それから大切なのは、

叶う、口からプラスをいう事でその思いが形になり叶うこと

目を背けてしまうこと、今一度、みなさんも考えてみてください。

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。