高田探偵と依頼人
2018年5月15日

探偵ブログ「環境の大切さ」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

日曜日から火曜の今朝先ほどまで、調査現場が続行しておりました。

待つ身のわたくしではありますが、深いため息でホッとしました。

調査員達が本当に一生懸命がんばってくれるので感謝しきれません。

本日は高田探偵の「環境の大切さ」というタイトルにさせていただきます。

最近、改めてつくづく色々な状況の中でそう感じられるひとつです。

恵まれた環境とか恵まれていない環境、

両親がいる、片親だから

などなど、それが良いとか悪いとかは正直関係ないと思います。

与えられた環境だから。

でも、受け入れれるのか受け入れれないのかそれでも大きく変わってはきますが、恵まれた環境でも良し悪しの判断ができなかったり、お金の価値もわからなかったり、大切な人を粗末にするどころか、自分だけがわかっていないただのわがままだったり、

片親だからって孤児院で育ったって礼儀正しく、人を大切にする人もたくさんおられます。

わたくしもたくさんの人たちとお会いしてお話を聞いておりますが、それらを通じていえることは、人の心は誰にもわからないという事です。

自分がそう思っていたからといって相手が必ずしもそう受け取ってくれるとも限らない。

自分が良かれと思っても相手が必ずしも良かれとは思っているとも限らない。

だからどんだけ正しくとも相手が必ずしもそう感じて気づいてくれるともわからないという事です。

でも、ひとつだけ言える事は、自身がしている事で大切な人たちが悲しんで痛手を負っているということは明らかに間違っていることです。

形ほどなくとも、それは自身が大切な人たちに棒で殴りつけて悲しんで悲鳴をあげているのに、なんとも感じないのと同等だとわたくしは強くそう思います。

こういう人に逆の立場ならといってもわかりません。

でも、実際にこういう人に限って、棒で殴られたら大げさに泣き叫ぶことでしょう。

そういう意味を込めて、環境の大切さを思います。

良いことは喜び、そして感謝ができ、

悪いことは注意し、どうして悪いかの意味を知る

悲しいことはがんばろうと応援、支えができ

守る大切さ、支えてもらっている感謝

成長する意味と価値

我欲ばかりを満たしているとなにが良くてなにが悪くてだれが喜んでだれが悲しむのか

そういう事なんだとわたくしは思います。

さてと本日もはじまりました。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみんさまごきげんよう

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

平成29年11月19日より本社を(下記)にて営業しております。

新社屋は名古屋駅が最寄り駅となり、全国からのお客様方の交通アクセスが便利になります。

またスペースが広くなり、ご来訪いただく皆様方に十分ゆったりとしたスペースをご提供できるようになりました。

これを機に社員一同旧に倍して精励し皆様のご期待に沿う決意です。

今後とも格別のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

前住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

現住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール12番出口上がってすぐ

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。