おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

朝から大きく深呼吸、連休最終日、動物園やら愛知ではイケア長久手のオープンした時期からか遠方からの車ナンバーが多く見受けられます。

本日は高田探偵の「自分の気持ちが大切」というタイトルにさせていただきます。

浮気や離婚に悩まれるお客様たちに多く見受けられる心が苦しい状況としては、

・真実をはぐらかされる

・真実を追究すると逆ギレされる

・なんだかんだと用事だとか仕事(出張)だとでかける

・誰かと比較している

・もう無理なんですという態度を日常にさらけ出してくる

もちろんその状況の中では、携帯電話を肌身離さずだったり、携帯電話をロックをかけたり、コンビニに言ってくるといい明らかにコンビにに行く用事もない。

そんな浮気や離婚で悩まれているお客様達というのは、日常生活において今までシンプルだった信じていた気持ちが、急にややこやしい道になって、ややこやしいだけでなく、夫婦においても普通のキャッチボールが普通にキャッチボールができない状況から徐々に信じていた相手を疑ってしまうことになってしまいます。

「おかしい」そんな思いから身内や周りの友人達に聞いても同情してくれる人もいたり、辛抱しなさいと言われたりどれも自身が求めている解決など教えてくれない。

だったら、「○○さんが言う我慢したほうがいいのかもしれない」「そうした方がいいのかもしれない」

心が揺れ揺れに動いてしまうことも・・・・みなさん普通に起こりえる現象です。

でも、一番大切なのは自分の気持ち

誰になにを言われても自分がこうしたいという気持ちが一番正解なのです。

「こうしたい」ためには何を向き合わないといけないのか

そんな事をわたくしはお客様達に申し上げております。

当社の場合、浮気調査をしたからといって離婚になってしまうか?と言えば、9割近く離婚はしません。

あとの1割はもうすでに当社にご相談に来られるときに離婚の決意が固まっている方か、浮気調査をして想像以上の呆れた結果で冷めてしまった方、時折あるケースは浮気調査をしてもうすでに次の新生活の準備を勝手に取り掛かってしまっている時。

そんな状況もすべて真実が明確になったからこそ「こうしたい」という思いが強くなっていくんです。

自分の気持ちという心に糸が絡まって絡まって、それらの糸がほどけてきたとき、自分の気持ちが固まっていく。

周りがお客様のためを思って言ってくれた言葉ももちろん大切な意見です。

しかし、それらは自分の気持ちを確かめられていることでもあります。

だからわたくしはお客様達にはご相談の段階で「離婚するかしないかは決めなくていい」と申します。

真実を見ていくと自分自身の気持ちも固まって、なにが大切でなにが大事なのかを改めて考えましょうとお話します。

そうして浮気調査をしていくと真実が見えてきて「たかださんが言っていた気持ちが固まってくる意味がわかりました」とみなさんがそうおっしゃります。

家族も夫婦もそして友人、恋人、仕事もシンプルに信じていることが一番ですが、コソコソされると疑いたくもなります。

気にならなかった一言が急に気になります。

気持ちって思いでとらえ方は一気に変わる

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう

————————————

【平成29年11月20日に名古屋駅に移転予定です】

交通便利な名古屋駅付近になります

株式会社 LASコーポレーション

現住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

新住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール10番・12番・14番出口上がってすぐ

————————————

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。