高田探偵の生き様
2012年7月19日

探偵ブログ「それを瞬時に察知する」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今日も暑そうな一日になりそうですね。
本日のブログは動画をおりまぜ、お楽しみ下さい。笑

時に自分自身にムチをうちながら仕事をしているわけですが、こんなわたくしでも時に頭がいっぱいになってしまうとき、ふと弱気になることも「あるよ」笑

ま、冗談はこれくらいにしまして。笑

そんな色々な部分でいっぱいいっぱいになり弱気になると、自分自身に自信がなくなり、全部が否定的になったりもします。

わたしは頭が悪いから
わたしがやることすべては
わたしのやっていることは失敗だらけ
わたしなんか器の小さい人間だから重荷だし

なんて思い込みをしだし、徐々に・・・・

ちびだし
ブスだし
バカだし
そして尚且つアホだし
色気もないし
変わり者だし

なんてことも。笑

「どうせ、わたしは」病というのが数時間訪れることもあります。
所詮、わたくしもひとりの人間であり女性であるという事を認め、浅い眠りなのか深い眠りなのかわかりませんが、そこに行き着き、翌朝、がんばるぞ!ってな具合い。笑

単純といえば単純であり、「切り替える勇気」というかっこいい言葉でしめらせてください。笑

この5・6年、わたくしがずっと思い続けていること、近年は特にそう感じるのは、今の時代は、古い価値観から新しい価値観への移行する時代であり、それを瞬時に察知できる企業がこの時代を生き残っていくのではないかと思っております。

古い価値観から新しい価値観

例えば、探偵業界であれば、

ひとつの調査に関して「どんぶり勘定」料金

というのが昔よくある契約の仕方であり、お客さまもそんなもんかという人も多かったからそれが成り立っていた探偵社もあったかと思います。

まず、それを徹底的にやめようと思いました。

どんぶり勘定の料金設定ではなく、ひとつひとつの調査に関して明確料金を提示し、お客さまと共に時に調査進行をしていく。

結果、これは正解でした。

お客さまの信頼感もぐっと高まり、もし調査が難航しような内容でも状況をお客さま自身もリアルタイムで把握できるためにトラブルもなくなります。

これは例えのひとつであり、当社から言えばこの明確料金は既に執り行っていることであり、より古い価値観から新しい価値観へと取り組んでいかなければならないのです。

時代は時間と共に目をつぶっていても過ぎていきます。
おちおちと考えて悩んで時を過ぎていると、状況というのはすぐに全く変わり、考えて悩んで立ち止まっていたことがまったく適用しなくなってしまうこともあるのです。

こういう事に言えるのは、全て自分自身の感性と感覚で行動するということではないかと思います。

他人の意見にまどわされず、自分で感じ、自分で責任を持ってする意思決定が、後で後悔しない選択のために必要です。

さてと、本日も気合いを入れましてがんばっております。

本日もご来所されるお客様方、お気をつけていらしてくださいませ。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。