おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

まだ続きます。本当に涙した日。

経営者当初から4年間は、今思えばお客さま以外、すべての人間関係は、警戒から入りました。
経営者になって1年で体重もみるみると落ち、スーツもゆるゆるでした。

だから当時を知る人たちは今のわたくしを見て、こう言います。

「あの時のたかださんは、はれものにさわるような感じだった」

そうするしかなかったのです。

金の亡者ときつい冗談を言われたこともありました。
別にお金のために必死に仕事しているわけではまったくなかった。
ただ会社を守りたいという一身だけだった・・・・。
体調が悪かろうが、関係ない、熱があっても手は動くといった労働。

この人は信用できると自分が確信するまでは、自分の素を見せることはなかった。
たとえ笑顔でも、悪というのがちらつくとスパンとシャッターがおりました。
何回も言いますが、そうするしかなかったのです。

でも、素を見た人たちがいつもいう台詞は、

「たかださん、本当は普通の人なのですね。

ずっと強いたかださんでいるのかと思いましたので安心しました。」

本当に当時のわたくしは、何度、笑顔の裏で警戒心たっぷりで人を寄せつかないオーラを出していたでしょう。

そんな中、今でこそ均等になりましたが、唯一、素直になれたのがお客さま方だったのかもしれません。

素直にお客さまたちが悩みを話し解決したいという気持ちに素直な気持ちで接することができた場所でありました。

だから今のわたくしとは、お客さま方に守られながら当時から今日に至っている。

それも年々、お客さま方と深い信頼関係が築けている。

4年目くらいから、わたくしの心に変化がではじめました。

そこで出会ったのが、今の勉強会でありました。

そこで衝撃が走りました。

今まで威嚇・警戒(お客さま以外)をしてきたことにおいて間違っていたとまではいかないですが、守っていたからこそしてしまったこの方向がずれていたのではないか。

簡単には素は見せるつもりはない

必要以上は語らない

人がどう思われようがわたくしは貫く

こんなスタイルで走り続けたわたくしに何かが動き出しました。

ふと遠目で自分自身を見つめた時に思い出し、気づかせてくれたのが今までのお客さまたちでした。

こんなにたくさんのお客さまたちが、

たかださん、たかださん!

と親しくしていただいて、頼ってきてくれて、全信頼をしていただいている。
そして応援までしてくださる。

それは、わたくし自身がお客さまと親身になり素をさらけ出していることに気づいたのです。

今までのプロセスから殻をやぶるのには何回か必要にはなっていきますが、この気づきを自分の価値にしたいことは間違いなく、これから歩き続けていこうと思っております。

今までわたくしは正を正したいばかりで、わたくしという威嚇・警戒ということから多くの人たちを傷つけてしまったと思います。

会社のためなら、お客さまのためなら、警察の方々にも何度、くらいついたことでしょう。笑

改めて、申し訳なかったと思っております。

長文になり大変申し訳ございません。

本日もよろしくお願いいたします。

本日、ご来所されるお客さま方、お気をつけていらしてください。

Follow me!

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。