人として探偵が感じたこと
2010年3月21日

探偵ブログ「それぞれの年代」

おはようございます、たかだ探偵です。

昨日はポカポカ天気だったのに、今日は朝から小寒いです。

昭和ビルから見る空はなんだか霧が・・・

今日は、それぞれの年代について

少し前に、友人との会話で、

「20代と30代どちらが、楽しい年代だったか」

という会話になりました。

そして、また違う友人にも同じような事を聞いてみました。

2人とも同じ回答でした。

そして年上の尊敬する女性経営者の人も同じ事を言ってました。

結論から言えば、20代もいろいろあったけど、30代もそれは、大変だった。

けど・・・30代って悪くないなって思った。

40代、またそれはそれで、悪くない。

わたしは、全く年齢は気にしていません。今年で38になります・・・(でも、書いていて笑えました)

年はお金で買えないし、しょうがないことなのかなと思います。

だから、わたしは、

30代は30代らしく、一番いきいきとしていたい、40代は40代らしく一番いきいきとしていたい

そう思っています。

若いからいいって問題じゃないし、若い頃に気づかなかったこと、年取ってわかったこと、それはそれですばらしいことじゃないかなと思います。

最近、40を目の前に思うことは、40代に入ったらどう楽しもうかなと・・・。

どんな40代が待っているのかな・・・・・

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。