人として探偵が感じたこと
2017年3月11日

探偵ブログ「失って本当の悲しみを知る」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

あっという間の土曜日、今週はブログを拝見してくださったお客様が多かったように思います。

みなさん、ご相談の帰り際に「たかださんのブログを拝見しました」って笑っていってくださりますが、お恥しいですね。

その時、エヘって顔をついついしてしまい、その顔を見られるのがまた恥しいという。

本日は、高田探偵の「失って本当の悲しみを知る」というタイトルにさせていただきます。

ご夫婦やご家族のトラブル・揉め事、そんな際にわたくし共の探偵というお仕事は関わります。

ワーワーとあー言ったり、こー言ったり、そんな時も悲しい思いという感情があると思いますが、本当の悲しみというのは、失ったあとに訪れるもの

ワーワー、あーだの言っている間は、当たり前という前提があり、だからこそぶつかり合える感情

当たり前すぎて大切にすることが難しくなる、いや、大切にすること以前に感情が大きくなりすぎてしまい大切ということを見失ってしまう。

そばにいればいる人ほど、本当は大切なのに・・・・・

数ヶ月前にみた記事で、子供さんが

「どうしてわたしはお母さんの事が好きなんだろう?」

という質問にお母さんが答えたのは

「○○ちゃんという名前を生まれた時から一番多く呼んでいるからかもね」

なんとなく、ジーンときました。

話がそれたかな・・・・・。笑

さてと本日もはじまりました。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。