人として探偵が感じたこと
2015年3月2日

探偵ブログ「自分花を咲かせる」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今朝、0時から緊急事態より現場に駆けつけ結局そこから寝ていないたかだでございます。

というものの帰宅したのが5時半、いつもの出勤時間ですので身体もいつものテンションになっているので寝るに寝れない。

こういう仕事上、仕方がないことですね。

本日は、自分花を咲かせるというタイトルにさせていただきます。

みなさんは自分花を咲かせておられますか?

自分花

自分らしく心の底からキラキラと香水のように周りも幸せになれるような

自分花を咲かせている人は周りで見ていても綺麗ですし、魅力的に感じます。

みなさんもそんな自分花を咲かせたいなと思っているのではないでしょうか。

わたくしも、そう願いを込めて・・・・・・日々を歩いているわけです。

みなさんは、どんな幸せという種を蒔いていますか?

自分が蒔いた種、どんな花が咲くのでしょうね。

自分花というのは自分でしか咲かせることはできません。

蒔いたのも自分、咲かせるのも自分

太陽のようなキラキラ光る先に向けて芽を伸ばすのか、どこに向けて芽を伸ばすのか。

それも自分次第。

どんなことでも言えますが、一生懸命のことを笑う人はいません。

苦労や努力は必ず報われます。

ただし諦めなければです。

そして評価は自分でするものではなく人から評価されるもの。

評価をしてくれないのであれば、まだまだ今が評価される時ではない。

そこで無理して自分花を咲かせようとしても花は自然と咲くもの・・・・・

無理して咲こうとしても咲かないのが花

花が咲かなければ下へ下へと根を伸ばすこと

風が吹こうが雨が降ろうが決して倒れないように

そうすると

幸せのタネが、幸せの花が咲く

—————————-
自分のことしか考えていない人は必ず、

独りぼっちになってしまうのだよ。

だから、周りの人の幸せを思いやりなさい。

そうすれば、あなたの心は満たされるのだよ

お釈迦様
—————————–

40過ぎて本当の意味でこのことを深く感じました。

そして「感謝」という言葉が胸に深く刻まれました。

「感謝」という言葉がこんなにも価値があるものだと今まで気づかなかった。

感じて謝るんです。

素晴らしい言葉だと感動しました。

そんな思いを思いだしながら・・・・・

本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう。

本日もがんばるびー。笑

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。