人として探偵が感じたこと
2015年1月14日

探偵ブログ「必ずはねかえる」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

単純な性格だなと思いながら、今朝も昨日当たった自販機に向かうワタピ。笑

あっけなくはずれ。笑

欲をかくとこうなりますと思いながら出勤するワタピ。笑

昔、今から5年くらい前でしょうか。

自販機に珍しくお味噌汁というのがあり、珍しいと思いたまーに購入しておりました。

そしてある日、今朝はお味噌汁の気分と思い、ボタンを押したら・・・・・

なんと・・・・・、隣のおしるこが出てきたではありませんか。

びっくりして

ボタンを押し間違えたと思い、気をとり直し、お味噌汁のボタンを押すと

やっぱり、おしるこが・・・・Σ(゚д゚;)

朝からテンションさがると思い、

翌朝、チャレンジしようと思ったのですが勇気がなく断念

しかし、その翌朝、再チャレンジ。

見事、お味噌汁が・・・

というか何をやってるんですかって感じですよね。笑

話はそれまして、本日は必ずはねかえるというタイトルにさせていただきます。

人の心というのは必ずはねかえってくるものだと思います。

知るかと自分が思えば相手もそう思っている。

大切と自分が思えば相手もそう思っている。

信じてると自分が思えば相手もそう思っている。

信じれないと自分が思えば相手もそう思っている。

色眼鏡をかけたら相手も色眼鏡をかけている。

安易な考えも安易な結果に終わりますし、深く取り組めば深く返ってくる。

自分が隠せば相手も隠すもの。

条件を出せば相手も条件をだす。

要するに、跳ねる具合で跳ね返りも違ってくるんですよね。

必死になることや一生懸命って人に伝わることと同じに思います。

必死なのに一生懸命なのに人に伝わらない・・・・・評価してくれない。

わたくしもそう悔しく思ったことも昔はありました。

人というのは必ず見ているんですよね。

そんな時、とある年上の人が、ぼそっと

「まだ、がんばれるんじゃない?

 本当に必死・一生懸命になっていれば、

 必ず誰かが助言し、それが腹に落ちてくるもの」

正直、衝撃でした。

こんなに必死・一生懸命なのに?

でも、すっきりした気分にもなりました。

このまま、がんばればきっと必ず自分のものになる。

人はある程度歩き出すと、条件を考え出す。

同じ事の繰り返し、このままこれでいいのかな~

これが家族だと無条件になる。

深いですよね。

先日、職人の人をテレビで特集していました。

彫刻職人の人が

どう作り上げると考えるのではなく、どう作って欲しいのかを創造して作り上げる

素敵な言葉でした。

自分がこういうのを作り上げたいという我欲ではなく、その物たちがどう感じて思っているのかを創造してそれを描き出す。

わたくしもそんな仕事がしたいと強く思いました。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

ばいばいびー

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。