人として探偵が感じたこと
2014年12月8日

探偵ブログ「運は自分で決めている」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今週もはじまりました。

大人になると、大人の階段というものがあります。

20代でえらそうな事を言っている人もいれば、20代を一生懸命生きている人もいる。

30代でえらそうな事を言っている人もいれば、30代を一生懸命生きている人もいる。

みなさんの周りでもそういうそれぞれ違う人たちを見たことがあると思います。

本日は、運は自分で決めているというタイトルにさせていただきます。

運がいいとか悪いとか

幸せだとか不幸せだとか

勝ち組とか負け組みとか

結局のところは、自分が選んだこと。

強制的に振り分けている訳でもなく、自身が決めたこと。

運が悪いなら運が良くすればいい

不幸なら幸せになればいい

負け組みなら勝ち組になればいい

そんな簡単な事ではありませんけどね。苦笑

——————————–
「どっちの道を選んだら後悔しないか」

を考えて生きるより、

「どっちの道を選んだとしても、自分が選んだ道で後悔しない生き方をする」

ことの方が大切なんだ。

永田正実
——————————–
成功する人は前進し続ける。失敗もするが、

途中で投げ出すこともない。

コンラッド・ヒルトン
——————————–

人生には楽しいことばかりではありません。

今の悲しいことや辛いことを自分自身がどうとらえるかが大切なのではないかとわたくしはそう感じます。

イチロー選手みたいになりたい

間単にイチロー選手があそこまで活躍できたでしょうか。

才能?センス?

そうかもしれないです。

才能・センスと言われるまでイチロー選手にはなにがあったのでしょうか。

一流シェフになりたい

間単に一流シェフになれるんでしょうか。

才能?センス?

途中で投げ出すことは簡単です。

なぜあそこまでやり遂げた、やり遂げ続けているんでしょうか。

たとえ、イチロー選手みたいな大物、一流シェフになれなかったとしても、やり遂げた財産は必ず残ります。

先日いつかの朝に65才くらいの俳優の方々が対談をしており、心に響いたことがあります。

これからの人生はがんばらないこと

「がんばらないこと」と言えるのは、がんばり続けた人だけにそしてがんばった先に言える言葉

深いなぁ~と思いました。

人に幸せにしてもらおう、人に幸せにしてもらうまで受け身

めんどくさい事はいやだ、めんどうは腹が立つ

辛いことなしで喜びたい楽しみたい

そんな都合のいいところに「幸せ」はきません。

そんな浅い内容では「幸せ」はやってはきません。

「辛い」という字に「一」を足すと「幸せ」となります。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまります。

清く清らかに清々堂々とがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。