人として探偵が感じたこと
2014年10月29日

探偵ブログ「心の底で感じて力を持つ」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日も見事な青空、思いっきり欲張って深呼吸してみました。

気持ちいいなぁ~(・∀・)

チャムイ(。>0<。)

本日は、心の底で感じて力を持つというタイトルにさせていただきます。

人はみな、わたくしの事をストイックと言われます。

わたくしから言ったら、苦笑いですが。

人なんて

ダメな所なんて、誰にだってあって

足りない所も、たくさんあり、

完璧な人間なんてきっといないと感じます。

結果ももちろん大切ですが、中身という過程がついてきていないと継続はできません。

つまり努力の質。

いきなり質を持たせることはできません。

努力の量からそぎ落とされ質に価値を持たせる。

わたくしが人生歩いてきて本気で思うことは、

「心の底の底で感じて、はじめてその感じたものが力となる」

悲しみもそうですし、苦しみもそう。

喜びも楽しみもすべてそうです。

それが言葉の力にも繋がります。

力を持つと相手の手の繋ぎ方も変わります。

ダメなところも、足りない所も、悲しいことも、辛いことも、そんな過程に人は色々とアドバイスもしてくれても、自分自身が耳を傾けていないと力となりません。

ストイックと言われますが、

わたくしが無意識ではありましたが一本通していたこと

人のせい、何かのせいにしなかった

ことです。

数年前、はじめてお会いした女性経営者の大先輩に、そんなに深くお話した訳でもありませんが、こう言われました。

あんたはね、苦労してきた人や。

苦労してきた人やから気づける人や。

あなたの思いを一人でも多くの人に伝えることや。

わたくしはこの言葉を聞き、深すぎて無言になってうなずくだけでした。

その時から思ったのは、

人の手を繋ぐときは、中途半端ではなくしっかりと必ず絶対に離さない手の繋ぎ方をしよう。

そう決意しました。

まだまだ、成長期ですね。苦笑

さてと本日もはじまります。

正を正して本日もがんばってまいります。

それではみなさまごきげんよう。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。