人として探偵が感じたこと
2014年10月19日

探偵ブログ「傷つくことで持てる武器」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日もさわやかな空ですね。おばあちゃんでも、こんな澄んだ空の様な性格のおばあちゃんと
出会うと、こういう年の重ね方をしたいなぁ~なんて思うことがあります。

こういう年配の方々だっていろいろな大波や小波を超えてのすばらしい笑顔があるのかと思うとまだまだ自分は甘いなと感じさせられます。

みなさんもそう感じませんか?

本日は、傷つくことで持てる武器というタイトルにさせていただきます。

どんな事でも言えると思います。

悲しい思い、辛い思い、楽しい思い、喜びの思い、

そんな思いを感じたからこそ、人というのは育っていくもので人を強くしてくれる大切な経験のように思います。

悩みやそして傷つくことでも同じ

傷の深さで人は人生をも変わる生き方にもなります。

それのわかりやすいのが、病気をしたら病気の深さを知り、病気を患っている人の気持ちも知り、そして看病する側、される側の意味も知る。

人など色々なことで傷つきます。

でも、傷つくことで思いやりが持てるんですよね。

傷つかない、傷つきたくない人より「思いやり」という武器が持てる。

傷つくことなど、喜びや楽しみなどありません。

誰しも味わいたくないです。

人生には不合理なこともあります。

そんな時、わたくしは逃げません。

受けてたつ。

正直、むちゃくちゃ痛いですけどね、そんな時は、帯状疱疹とかでまくってますけど。苦笑

なんで受けてたつかは・・・・・・自分の肥やしになると思っているからです。

でも、だいたい相手はそれを見てむかってきませんが・・・・苦笑

確かに逃げないからびっくりするのでしょうが。苦笑

もし、

傷つくことに疲れているのであれば、

そして傷つくことに恐れているのであれば、

「傷つくことで思いやりが持てる!」

良い経験ですよ。

本日はそんなところです。

それでは本日も、清く清らかに清々堂々とがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。