人として探偵が感じたこと
2014年10月6日

探偵ブログ「ぶつかるのは歩いてる証拠」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

台風がやってきました。6時の時点では栄は小雨、ギリギリ傘もいらずに出勤できました。
これから本格的に雨が降るのでしょうね。

一気に寒くなりそうです。
が、寒いのは苦手・・・・・・(。>0<。)

本日は、ぶつかるのは歩いてる証拠というタイトルにさせていただきます。

人生など思った通りになかなーかいきません。

子供の頃は悲しいとき、転んだとき、甘えたいとき、エーンエーンと泣き、嬉しいとき楽しいときおもしろいときはケラケラと・・・・・

純粋に感情を出せたものでした。

いつしか辛抱というのを覚え、はじめて心が傷つくことも学ぶ。

そして心を隠くすことも覚える。

人生などうまく行かないことが多いです。

でも最初からうまく行くのも価値がないと、そう矛盾しているのが人

要は、その過程なんですよね。

その過程にいかに価値をつけるか。

わたくしはそう感じますし、そう歩いております。

そして色々なところにぶつかってきました。

まさかのところからも何回もぶつかってきました。

その過程がやたら長く感じる事もあります。

しかし、その過程でしか味わえない事、それが大切なんです。

その過程でしか味わえない事があなたの宝物に変わる。

だからぶつかっているのは歩いている証拠

過程=プロセスってわたくしは昔から重要視しております。

目的・夢・達成、すべてに於いて過程だと思います。

確かに経営者の立場として仕事は結果

経営者になって身にしみてわかっております。

でも、結果は結果でも過程の濃度によっては価値が違います。

そしてここ数年ではその先があることにもわかりました。

最近思うのですが、若い頃だから気づかなかったとかではなく、若い頃はわからなかった事、大人になったからこそ分かる事ってあるんだなと、改めて思いました。

大人って素敵ですね。

さてと本日もはじまります。

清く清らかに清々堂々とがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。