人として探偵が感じたこと
2014年8月29日

探偵ブログ「先の不安をなくす」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今朝も曇り空、今年の夏は湿気がものすごいですね。
スカーっとしたお天気は数えるほどではないかと思うこの頃。

昨年くらいからお金に価値を持たせて使うようにしております。
いうならば、お金が喜んでくれる使い方
自分が喜ぶだけの使い方ではなく、このお金で周りが幸せになれる使い方

最近、こういうことが大切なのではないかと思います。

——————–
人を信じると言うことは、

悲しみを知ると言うこと。

人を裏切ると言うことは、

後悔を知ると言うこと。

優しくなると言うことは、

人の痛みを知ることだ。
——————–

この先が真っ暗といいますが、この先とは不安でなかなか今を抜け出せれないこともあります。

人生歩いていくとたくさん傷つきます。

傷つくことは辛いし悲しいことですが、それだけの財産にも自分次第でなれます。

わたくしも、母親との死別から相当悲しみました。

そんな時、自分で決め付けたことは、

大切な人を作らなければこんなに悲しまなくいい

そう言い聞かせた時期もありました。

そんな事を忘れ、仕事に明け暮れていた時、ふとその事を思い出しました。

気づいたらまた大切な人たちがいるではないですか。

急に怖くなった事を思い出します。

先の不安はみんな一緒です。

先の不安をなくすには、今を一生懸命歩くこと。

歩くこと、さらに歩くんです。

人など完璧な人などいないと思います。

すべては自分への意識。

悲しみ、後悔、痛みを味わうこと

正しくいようと思う意識

そうすると正してくれる人に出会い、そして正しい判断ができるようになるんです。

わたくしも先など不安です。

でも、歩き続けることに意味があり今までの自分が今の自分を支えてくれるようになりました。

今思うと、あの時の自分がまさか今の自分の肥やしになり支えてくれるなんて想像もできませんでした。

そう思うと人生ってすごいですね。

本日はそんなところです。

さてと本日もはじまります。

清く正しく清々堂々とがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。