人として探偵が感じたこと
2014年8月5日

探偵ブログ「歌を唄おう」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

いつもテレビはただつけた時にみる程度。

これといってこの番組は必ず見るということはいたしません。

昨夜、HEROのキムタクが素晴らしい台詞を言っておりました。

まともに生きてねぇ奴が
まともに生きてる奴非難するんじゃねぇよー!!

ちょっと、強調しすぎましたかね。苦笑

でも、すごく共感しました。

しかし、こういう人たちいますよね。

まさに中身がないのに中身のある人にとやかくいう

一番、情けないオチです。苦笑

本日は、歌を唄おうというタイトルにさせていただきます。

先ほどの話の延長みたいになりますが、歌でも一度唄っただけでは歌詞もリズムも覚えれません。

それらを何回も何回も唄うことによって歌詞を覚え、リズムにのせていく。

そして更に何回も何回も唄うことによって、歌詞の意味合いも理解でき、いや、本当はこの歌詞はこういう意味なのではないかと深みを増します。

そして、音の強弱も歌詞によってメリハリをつけたり・・・。

これらが一度唄ったときにできるのかといったらまったく違います。

最近、年をとって思うことですが、幼少の頃の歌を改めて聞いたりするとこんな深い意味があったんだなーと感動するんですよね。

みなさんは自分の歌をどう歌いますか?

心を込めて歌いますか?

愛を込めて歌いますか?

真心を持って歌いますか?

適当に歌いますか?

ウケをねらって歌いますか?

人の歌詞を自分事の様に歌いますか?

大切なのは、どれだけ気持ちを込めて歌えるかどうかです。

みなさんにはどんな気持ちがあるのでしょうか?

わたくしは・・・・・・・

気持ち込めすぎて・・・・・・泣いちゃうかも(。>0<。)

苦笑

うそです。ほんとです。うそです。

ヒロシです。

へ?(・∀・)笑

さてと本日も正を正してがんばってまいります。

それではみなさま、ごきげんよう~

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。