人として探偵が感じたこと
2014年5月9日

探偵ブログ「上手く歩かなくていいよ」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

昨夜は雨が降ったようですねぇ。あめ・・・・かぁ。。。。。

本日は、上手く歩かなくていいよというタイトルにさせていただきます。

良い時も、悪い時も、同じ態度で接してくれた人だけ信じられるんだ。

そういう人と、一生つきあっていきたい。

落合博満

以前、年上の経営者の方が、人によって性格を変えているようではだめなんだというお話を聞いて心に響きました。

いつももさほど、変えている訳ではありませんが、わたくしもそういう人でいようと思ったことを思い出します。

その人、その人によって自分自身を演じること

多少の外面は誰しもありますし、礼儀もありますからそれはそれで当たり前の一般常識です。

上手く歩こうとする必要はないことに気づく

間違いが恥だと思っているのは大きな間違いです。

悩みでも同じです。

悩みが恥だと思っているのは大きな間違いなのです。

苦しく悲しんでいるのに上手く歩こうとする。

上手く歩こうとしなくてもいいんです。

演じても先はふさがります。

話がそれるかもしれませんが、先日、老人の女性が

「わたし、最近よくおこりっぽくてみんなから怒られるの」

としょんぼりと言われました。

この老人の女性は、この15年、いろいろなご苦労と悲しみを乗り越えておりました。

わたくしは、

「おこりっぽいのではなく、心配性だからついつい気持ちが高ぶって相手に言ってしまうだけですよ。おこりっぽいんではないですよ。」

そうすると、ほっとした表情になった女性。

上手く歩こうとすると焦ったり、心配したり、不安になったりするものです。

上手く歩かなくていい。

あなたらしく歩いていけば・・・・・

本日はそんなところですね。

さてと本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。