人として探偵が感じたこと
2013年5月21日

探偵ブログ「感じ受け止め方」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

最近は雲の多い朝の空が多いなぁーと思うこの頃。
出勤時、思いっきり空を見上げ深呼吸、本日もきりっとがんばれる瞬間であります。

ふと思ったことなのですが、テレビでも

子供の頃は、マンガ命でマンガばっかり見て、20代の頃はドラマ命で好きなドラマばっかり見て、30代、40代と気づけば、ニュース命?ではないですが、気づけばそんなテレビばっかり見ているという。

子供の頃はなんで大人はニュースや野球、時代劇ばかりみているんだ、マンガのがよっぽどおもしろいのに不思議だと思ってました。笑

ちなみになぜだか、子供の頃、相撲は大好きでした「YO」笑

本日は、感じ受け止め方というタイトルにしました。

上記に述べたことではないですが、年齢、環境、状況により人は感じ受け止め方が違ってきます。

同じ内容、同じ言葉でも伝わり方が違います。

でもそれって大切なことなんじゃないかなと思うのです。

わたくしはお客様に悩むことはいけないことではないといいます。
いっぱい悩んで悩んで悩んでも・・・・・いい。

同じありがとうでも伝え方が違います。

同じごめんなさいでも全く違ってきます。

同じ環境でも向き方が違ってくるのです。

そんな感じかな。

さてと本日も正を正して正しまくってがんばってまいりたいと思います。

それではみなさま、ごきげんよう~

スタスタスタスタ・・・・・チラッ(ノ_・。)

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。