人として探偵が感じたこと
2013年2月25日

探偵ブログ「現実を受け入れる勇気」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

身内・友人等からしたらびっくりするお話ですが経営者当初から(事情はあったのですが)、わたくしは、人から見て

斜に構えている
人を寄せ付けない

とよく言われました。
そんなつもりはなかったのですが、ただ今思うとお恥ずかしい話「私の気持ちなんかわかるもんか」という気持ちはどこかでいつもありました。

今でもまだまだそういうツンデレっぽいイメージがあるようですが、今は当時よりだいぶ自身の変化が見られてきました。

昔、とある社長がわたくしの経営スタイルを見て「経営は意地だけじゃやっていけれないぞ」とおっしゃっていただき、自分自身がいっぱいいっぱいの時、なぜだかこの言葉を思い出しておりました。

前説が長くなりましたが、本日は現実を受け入れる勇気というタイトルにさせていただきます。

現実をなかなか受け入れること、特にマイナスのことは受け入れることができないことはみなさんにも心当たりがあるのではないでしょうか?

それらを正当化してしまうこともある。

でもそれが今の自分が鏡です。

それが現実だということを認める勇気なんだということ。

そして相手のせいじゃなく自分自身の鏡ということ。

マイナスを受け入れる大切さその現実を受け入れる勇気だとわたくしは思います。

それでは、本日も正を正してバリバリはりきってがんばります。

それいけ!たかだマン~!

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。