人として探偵が感じたこと
2012年12月22日

探偵ブログ「イヤな人」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日晴天の名古屋ですが風がものすごく冷たいですね。
ブルブルブルブルブルドッグ。笑

本日はイヤな人にならないでというタイトルにさせていただきました。

みなさんにも、こーゆータイプは苦手、こーゆー人が嫌いそういう事ってあるかと思います。

お客様との相談の中でよく出るお話でありますが、イヤな人にならないで欲しいといいます。
そのイヤな人と同じ事を知らず知らずしてしまおうとする時、わたくしはそんなお話をします。

つまらない人に時間をかけてほしくなく

だったらその時間を自分のために使ってほしい

そういったことで一度、今の感情・気持ちをリセットしてもらい再構築する。

このことはとても大切なことです。

そこで一番大切なことは、相手の反応にのらないこと。

相談に来られるお客様たちというのはそういった反応に敏感に反応される方も多く、ぶれぶれになってくたくたになってしまった精神状態で駆け込んで来られるのです。

そういった心情を把握しまずぶれない軸を作りそこ軸にいかに立てるかどうか・・・

むずかしそうに思いますが、実は簡単なことなのです。

なぜならば、自分自身のもともとの要素でできた軸だからです。

一番難しく思うとするのは、そこに立とうとする第一歩。

立ちたいのだけど怖くて一歩が出せない人、わたくしとなら前を向けるのに一人だと後ろをむきっぱなしの方もおられます。

わたくしもまだまだ成長期の年齢ですが(笑)、つまらない人に時間をかけるほどもったいないと思うまでには時間がかかりました。

つまらない人、イヤな人というのはあえてはどんな人かというのは言いたくもありませんが、そこから離れるのは自分自身大きな出来事かなと思いましたが、意外とそうではなく逆にそういった人たちのが敏感に反応したりするものなんだなと思いました。

そんだけ自分自身が振り回されていたのだという事にもよーく自身に気づかされましたし、人それぞれの歩幅というのは大切であるということもわかりました。

先日、本当かどうかはおいてとある人が母親の言葉を言ってくれましたが、

「あなたは最近自分自身の気の流れが変わってきている事に自身も気づいている。」

とのことですが、その通りで驚きました。

さて、この連休は調査の大詰めで現場は賑わっております。

それでは本日もご来所されるお客様方、お気をつけていらしてくださいね。

ブチュ。笑

正を正して今年を乗りきるぞよ。

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。