人として探偵が感じたこと
2012年12月12日

探偵ブログ「思いやりの心」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

昨日は完全に疲れきってしまい深い眠りに着き、本日は元気いっぱいの朝を迎えました。

本日は、思いやりの心というタイトルにさせていただきました。

先日、勉強会の先輩がfacebookでアップされていた

「おかげさま」というのを見て、本当につくづくそうだなと思わされました。

以前にわたくしが一生懸命、神様にお願い事をしていたとき、母親から「お願い事ばかりではなくて、お礼もきちんといいなさい。おかげさまで幸枝がいる事に感謝しなくちゃいけないよ。」と言われ、ハッとした事を思い出されます。

いつも思っているのが、人というのは、「知るか」と思えば相手も「知るか」と思うし、一生懸命していると相手も応援したくなる、相手のためと思えば相手にも伝わるもの、こんなものと思えば相手にも伝わるものだとわたくしは思います。※一部例外もありますが。笑
人というのはそんな後ろめたいときには、言葉表現が多くなりごまかすこともありますよね。
温度がぬるいのも良し悪し、熱すぎても良し悪し、どんなことでも言えますが強弱のつけどころというのは難しいところ。
奥が深いな~と思いますが、それを使い分ける、使いこなせるとものすごい力となることもあります。

かといい、今までの自分ですと受身でいたことがよかったことでもないですし、相手に求めてばかりで自分自身がどうなのかという・・・

わたくしはお客様との会話の中でも、相手を責めるだけでなく自分自身はどうなのかということをお聞きすることもあります。
お客様が悪い、お客様のが悪い、そう言っているのではありません。

相手にも変わって欲しいと思うなら自分も変わること

相手を責めることばかりを考えるのではなく自分という心を大切にすること

相手に変わって欲しいと思うなら同時に自分も変わる勇気を持てるかどうか、相手が悪いのにと思うのではなく、自分が変わったら相手も変わることもあります。
相手を責めることばかりではなく、同じ嫌なことを相手に自分自身もしていないかどうかを素直に認めれるかどうか、ちょっとでいいのです、自分自身に認めてあげる、そして相手が相手なら自分という力強い心を大切にしていただきたいということです。

売り言葉に買い言葉

ではありませんが、結局はお互い様になってしまわぬように。

はい、本日もはじまりました。

本日もご来所されるお客様方、お気をつけていらしてくださいませ。

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。