人として探偵が感じたこと
2012年12月10日

探偵ブログ「我見と我欲」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

昨日はやけに寒い日であり、わたくしの心も寒いからやけに寒いのかしら?と思っていたら、なんてことない本当に寒くて雪も降り出した。笑
冬が苦手なわたくしです。

本日は、我見と我欲というタイトルにさせていただきます。

わたくしもみんなも人それぞれ幸せを求めて日々生活しているものです。
しかし、幸せは求めても求めえられるものではなく、常に心の中に潜む自我と向き合うことが必要だと思います。

どうしても自分目線の考えになってしまったり、自分だけの考え欲望で相手に要望してしまったりしてしまい、それが正解の答えかどうかというのは本当はまったく違う回答であったりしてしまうことも多大にあり、ただ単の我欲・我見だけの偏ったみかたであるということ。

今年はそんな事を大きく学ばされております。

経営者として年月が過ぎていく中、当初のわたくしというのは改めて振る返るとお恥ずかしいながら我見・我欲の固まりでした。
しかしながら人間ですので、今でも我欲・我見はあります。
お客様に対してももちろんそうですが、スタッフ達との関わりにも我欲・我見というのを意識しております。

意識するという時点でまだまだ未熟な自分なのではないかと思いながら日々を過ぎており、それが合っているのか合っていないのか時に迷うこともあります。

人の振り見て我が振りなおせ

ではないですが、わたくし自身が我が強い人は苦手と言いながら、自分自身の我が強い部分が垣間見えたとき、人のことを言いながら自分がそうである事にすごく恥ずかしい気持ちになったのが一番の気づきでありました。

前回のブログでお書きした、自分の心をコントロールするではありませんが、そういった具合から考えがシフトしてきているようです。

なんとなくは、わかっていたのですがこびりついた心の中のモヤモヤ感がとれた気分になりまして、人にあーだのいう前に自分自身はどうなのかという向き方が変わってきました。

悩むときや悲しいとき、良くないときというのは、我欲・我見というのが全面に出ていないか・・・・・
そんなことを考えるように最近なってきたこの頃であり、そうなった時、いつも冷静になるよう心がけております。

年齢関係なく成長しつづけたい名古屋の探偵@高田幸枝でした。

本日もがんばるぞ!

本日、雪の中、ご来所されるお客様方、お気をつけていらしてくださいませ。

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。