人として探偵が感じたこと
2012年9月20日

探偵ブログ「人生の敗者復活戦は常にある」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

やさしい空と風を感じ本日も出勤してまいりました。
果てしない空・・・・澄んだ朝の空をみていると人のこころを見ている気がいつもするわたくしです。

本日は、人生の敗者復活戦は常にあるというタイトルにさせていただきました。

人生は、平々凡々の生活でも思いもよらない突然に起こる出来事もあり、そう振り返ると「あの時がよかった」などと言葉に出してしまうこともありますよね。

男と女の恋もそうなのかな、恋愛を求めてなくても交通事故のように急に恋に落ちてしまうこともある。

ちょっとわたくしが恋愛の話をするのは、「恥ずかしい」ですが。笑

だれかいま笑いましたか?笑

笑うなーーーー!!笑 キョロキョロo(・_・= ・_・)o

よく、女性で年齢のことを気にする人がおられますが、わたくしは年齢はまったく気にしておりません。

若いことは体力もあり、年をとってからではできないこともたくさんあります。
自分の身体を見てピチピチ感がないのを鏡でみるとちょっとブルーにもなりますが。苦笑

年をとるのも悪くないな~ってこの数年思うようになりました。

10代は天真爛漫で生きていき

20代は急激に加速していき

30代は焦るくらいに時間が過ぎていく

そして40代、50代、60代と迎えていく・・・・。

それは突然起きる出来事、人はある程度まで考え悩むものであると思いますが、それ以上の域は、傷つくのもいやだし、変わるのも大変だし・・・・周りの変化ばかりを眺めて、そして周りが変わるのを見てただ立ち止まっている。

そしていつしか自分が変わることより相手に変わる事ばかりを求めている。

いや、そうではないんだ、自分が動き出せばなにかが流れ出す。

そして良い欲をいっぱいだしてオーラとなる。

しかし、勘違いしだすと我欲となり、そんな欲をだしすぎるのはろくなことはない。

人生は一生勉強だと思っております。

年齢関係なく、人生の敗者復活戦は常に用意されていると思います。

死ぬこと以外、カスリ傷

死ぬこと以外、カスリ傷

死ぬこと以外、カスリ傷

たまにこんな事を何回も自分に言い聞かせているこの頃でした。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それでは、本日もよろしくお願いします。ペコリ

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。