人として探偵が感じたこと
2012年9月12日

探偵ブログ「心の深呼吸と竹の節目」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は、心の深呼吸とたけの節目というタイトルにさせていただきました。

竹の節目は太く、あの節目があるから長く伸びていく

あの節目がないと折れてしまい

だから節目というのは肝心である

とある経営者が以前、こんな話をしていただきました。

人でも人生の節目というのがございます。

そんな時に、心の深呼吸というのは大きな意味深いものがあるということ。

心の深呼吸・・・・・みなさんはどんな深呼吸の仕方をしているのだろう。

その心の深呼吸によって節目がぐっと太くなり次のステップに大きく変わるのかもしれないし、変化を求めないかもしれないし・・・・・

そしてまた、その心の深呼吸でその人の人生をも大きく変わるのかもしれない。

そんな事を昨夜考え眠りにつき、今朝、出勤をするときに空を見上げ違った気持ちで大きく深呼吸をしてみました。笑

大きく空気を吸いこみ、大きく空気を吐き出す。

良い気を大きく取り入れ、悪い気を大きく吐き出す。

入れ替え完了~という感じで。笑

こうやって騙し騙しで毎日、コツコツと仕事をしている訳ですが、心の深呼吸も必要かなとふと最近思う名古屋の探偵@高田幸枝でした。

では、さようなら。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。