人として探偵が感じたこと
2012年7月9日

探偵ブログ「様をみる」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今週もはじまりました。元気よくまいりたいと思います。

本日は、様をみるというタイトルにしました。

わたくしは、人との会話の中で様というのにとても興味を感じます。

仕事に関しても・・・・。

仕事に関してひとつのことを尋ねると、その人がどれだけこだわり興味を持ち取り組んでいることがわかる。

それを感じると、なんだかんだ自分を謙遜しているけど、

半端なくがんばっているな

と感じます。

反面、仕事に関してひとつのことを尋ねると、言い訳っぽく感じ仕事の内容より外を固めようとしている見苦しさにも感じます。

それを感じると、なんだかんだ自分を大きく見せているけど、

自分に自信がないんだな

と感じます。

基本、わたくしは仕事に関して言い訳は嫌いであります。

お客様にもこのことはお伝えしております。

■ やるつもりだったが、違う予定ができてできなかった

■ こういう結果になるとは思わなかったから仕方がない

予想外のことなんてあたりまえのことだと思います。

だったらその分、時間を費やしてもそこまで持ってくるのが仕事だと「わたくし」は思っております。

努力もしないで一人前にはなれません。

努力をしてもすぐには一人前にもなれません。最初は何人前からはじまるのです。
これはみんな同じだと思います。

三人前 = 一人前
二人前 = 一人前
一人前 = 一人前

それだけの時間と労力を費やして徐々にその差はなくなる。
いきなりなんて誰でも無理。

一人前に見せかけても所詮、メッキははがれます。

仕事でも人としてもその様というのは、いろいろであり、本気度とか真剣度によってその内容が問いただされる。

中途半端はなにもかもが中途半端

喜びも哀しみも・・・・

中途半端がいけないわけではありませんが・・・・・

わかっているようでわかっていない人が多い気がしてこんなブログとさせていただきました。

さて、本日もよろひくおねがいします。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。