人として探偵が感じたこと
2012年6月7日

探偵ブログ「人生の羅針盤」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日2件目のブログとなります。

人生に於いて重大な決断をしなければならない状況はいくつか訪れます。

ですが、その状況の時に右往左往してしまうようでは、せっかくのチャンスも遠のいてしまう。

重大な決断でなくても、小さなチャンスも逃してしまう。

失敗してもいい、また振り出しに戻って今度は、もっとこうアレンジして動けばいい。

そしてまた繰り返される中に、今までとは違うヒントが生まれるのかもしれない。

パンチ、パンチ、何度、パンチしても崩れない壁、諦めかけていた時、思いがけないフックから壁が簡単に崩れるのかもしれない。

チャンスというのは、しいて簡単には手に入るものでもないとわたくしは思っております。

なのでチャンスがくるその時までにそれまでの武器と能力、そして体力を要するものだと思って小さな事からコツコツと・・・・・

そしてチャンスだと思ったその時、大胆に執り行う。

今までの自分を信じて・・・・今までの失敗をいざという時は自信を持ち続け・・・

というのがわたくしの仕事スタイルかな。笑

よくお客さまたちにもお話している

慎重に資料収集をし、尚且つ大胆に

それも同じ意味合いなのかもしれないなと感じたこのごろでありました。

そんなこんなんで。笑

本日もがんばっておりますよ。笑

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。