人として探偵が感じたこと
2012年4月25日

探偵ブログ「薬のように身体にいい」

おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

陽気な心というのは、まるで薬のように、身体にいい。

~旧約聖書より~

よく、たかだサポートのご紹介をさせていただいておりますが、お客さまの相談当初の顔つき表情から、解決に至ったときの顔つき表情が違う、その表情の差がわたくしはすごく気持ちとして心地がいいと思う瞬間であります。

それだけの色々な流れがあり、喜びもひとしおという意味もあるのですが、こういう時って、お金で買えないというか、薬とかではなく、心の奥でじーんと感動したりするものです。

陽気な心の人や友人と話したり会話していると、

嫌なことも、悲しいことも、忘れさせてくれる流れをつくる。

そんな人と話している自分が笑顔でケラケラと笑っている自分を先日、客観的にみたとき、笑顔という光を浴びるというのは、なんて気持ちがいいことなんだろうって思いました。

たとえそれがくだらないことでも、笑っている姿というのは嫌なものではありません。

でも、時にどうやっても笑顔がでない時もある。

笑うことが苦痛になる時もある。

それを知っているだけに、今の自分が笑顔でケラケラと会話したり、電話で大笑いしているその時というのはとても大切なことだと思いました。

まさに、「陽気な心というのは、まるで薬のように、身体にいい」

先日、仕事を終え元気がないと察知した友達が、とてもくだらない話をたくさんしてきました。

ふと気づけば、わたくしはケラケラ、ケラケラケラ~と大笑いしている自分に気づいたのです。

なんかすごくうれしかった・・・・。

違った意味で泣けてきました。

陽気な心か・・・・、なにものにも変えれない薬のように身体にいい・・・。

本日も正を正してがんばっております。

今日は、とびきり元気な@高田幸枝ー!がんばるほ。

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。