人として探偵が感じたこと
2012年3月8日

探偵ブログ「マルコとたかだ探偵ストーリー」

おつかれさまです。名古屋の探偵、@高田幸枝でございます。

本日2件目です。

今日はなんとなくストーリー的にいかさせていただきます。

みなさん、大変お待たせしました。

ひさびさのマルコが登場です・・・・。苦笑

知人の中では最近、マルコがわたしに見えて仕方がないという・・・・苦笑

仕事をしているときは、怖いくらいの顔つき、いやそれだけ真剣であるという
@高田幸枝

探偵業としてひたすら走り続け、信頼できる探偵業を成しとげたいという強い思いで・・・

本音は・・・・迷い悩み、自分の覚悟に自問自答なんていう日も結構あったり・・・

そして遂には・・・マルコが飛び出てしまったり

マルコがでても・・・・ひっこめひっこめとまた言い聞かせ

こんな強気なわたしでも・・・・

一瞬、逃げたくなるときもある・・・・
おいていかないで・・・・わたしも一緒に行きたいと・・・一瞬思う

でも・・・・寝たら忘れることにしました・・・・。
寝たら気持ちを取り戻すことにしました・・・・・。

それは、全部・・・・そう

あなたが決めた道だから・・・・・・・。

あなたが覚悟したんだから・・・・・。

お客様を守る探偵業にこだわりたいんだろ!

だから、あなたは走り続けなくてはいけない。

それが、高田幸枝の使命である・・・・

死ぬこと以外、カスリ傷

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。