人として探偵が感じたこと
2018年9月20日

探偵ブログ「どんな居場所でいたいですか?」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

秋刀魚がおいしい季節になりましたね。
秋刀魚大好物です。

しかし、探偵というのはやろうと思えば低資金で開業ができるので無知な人はお金儲けに簡単に開業しているのを拝見するとぞっとします。

もちろん会社を継続するには赤字ではやっていけれませんが、お客様の悩みを腕も能力もないのに引き受ける、引き受けても結局責任も持てない、お客様は路頭に迷うどころか事態は最悪になって取り返しがつかなくなる。

なんのために探偵を営んだのか、もはや人助けをしようともしていないのが明らか、こういう軽率な探偵社でだまされたとお客様から聞くと本当に残念に思います。

少しでも不安に思われたら必ず契約は避けてくださいとしか言いようがありませんが、同業として?いやもう同業ではないと思いませんし、そもそも真に探偵業をしている同業にはこういう軽率な探偵はひっこんででてこないですもん。

ホームページで過大広告でなんとでも書けますからね。

前にもお書きしたように、毎年どんどん探偵歴が増えていき、わたくしの探偵歴を越えてしまっているびっくりな探偵社もあります。

みなさま、お気をつけ下さい。

話はそれましたが、本日は高田探偵の「どんな居場所でいたいですか?」というタイトルにさせていただきます。

人はみな、いろいろな状況と環境、それぞれの悩みや時に喜び、つかの間の楽しみ、そして夢を抱き、挫折を味わい、不平不満を言って自分は悪くないと言った所で結局は結果を残せなかった悔しさなど、そんな日々送られているかと思います。

わたくしは、この仕事が天職だと思うひとつとしては、わたくしは人に興味があるからだと思います。

もう少し掘り下げると人の心とか人の気持ち

そう考えると自分の居場所というのは大事なひとつかと思います。

居場所が悪いと仕事だろうが夫婦、友人知人そして交際相手だろうがうまくいきませんし、気持ちがよくありません。

今日はせっかく楽しもうと出向いた店や場所が、雰囲気の悪いと気持ちがよくありませんのと同じですよね。

自分自身が楽しいのに一緒にいる人が別に楽しくない

自分自身が悲しいのに一緒にいる人が喜んでいる

これも心が苦しくなる

どんな居場所でなにをするか、どんな居場所でだれとどうしたいか

人生においてものすごく大切なことだとわたくしはそう感じます。

もう少し掘り下げてみたいところですが、、、、、やめておきます。苦笑

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

当探偵社よりお知らせ

8月のお盆から12月の年内に向けて調査が一気に立て込んでまいります。

例年、一番の多忙が12月となります。

お客様たちの結果確立が出やすいよう、早目の調査をお勧め致します。
メリットとしては、多忙時と違い、慌てることなくじっくりと打ち合わせができ解決までの対応が迅速になります。

11月下旬より忘年会シーズンとなりますので紛らわしい調査結果がでてしまうこともあります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

平成29年11月19日より本社を(下記)にて営業しております。

新社屋は名古屋駅が最寄り駅となり、全国からのお客様方の交通アクセスが便利になります。

またスペースが広くなり、ご来訪いただく皆様方に十分ゆったりとしたスペースをご提供できるようになりました。

これを機に社員一同旧に倍して精励し皆様のご期待に沿う決意です。

今後とも格別のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

前住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

現住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール12番出口上がってすぐ

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。