人として探偵が感じたこと
2018年2月26日

探偵ブログ「厳しいはネガティブではないんだ」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

オリンピックが終わりましたねー、数えきれないくらいのそれぞれの思い、張りつめた緊張感とこのオリンピックのためにどんな思いでここまでにたどり着き、そんな思いを世界各国が集まって、すごいステージで勝負をかけ、涙も嬉しい涙だけでなく、悔しい涙だけでなく、色々な思いが溢れだす涙は、本当に心に響きます。

二年後には日本オリンピックがはじまります。

人生で一度くらいはオリンピックを生で見たいなと思いながら。笑

本日は、高田探偵の「厳しいはネガティブではないんだ」というタイトルにさせていただきます。

オリンピックを見て、選手達の思いを拝見しそんな選手たちの思いまでには行き届かなくても、人生と同じに思います。

厳しい、辛いって誰もが大喜びする人はいないと思います。

もしそれがいやなら簡単にやめてしまえばいいこと。

でもその過程を超えたからこそ、自分が思い描く道にたどり着き、新たな道に光こそ輝くんだとわたくしは強く思います。

厳しいから辛いからそこまでしてまでやらないといけないのか。

厳しいと思う問題、辛いと思う意味、誰だって目をそむけることは簡単。

それを「超えた先のために」やらなければならないこと

歩きづらいときってだいたいそんな色々な思いが大きくなって前が見えづらくなり、偏った思いで立ち止まったり、諦めたりしてしまう。

人や物や環境のせいにその時にしたとしても、跳ね返って自分に戻ってくるもの。

人なんて完璧な人などいません。

完璧な道を歩き続けた人もいないんです。

厳しい、辛いを明るく考えることはできるわけがありませんが、その先のためを考えるとなにかのヒントになるのかもしれません。

病気でも、深刻な病名を伝えられたら厳しい状況、辛い現実かもしれない。
だけど、治したいためにどうするか。
みんな、必死です。生きるためにわずかな可能性でも生きようとがんばる。

崖っぷちで手を離せば転落してしまいそうなとき、窮地に立たされないと、立たされた人しかその気持ちがわからないかもしれないですが、泣いていても助かりません、なんとかしようと思わなければ助かりません、生きるためにはと考えないと助からないんです。

究極のお話かもしれませんがそれと同じようにわたくしは思います。

本日はそのくらいにして。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

平成29年11月19日より本社を(下記)にて営業しております。

新社屋は名古屋駅が最寄り駅となり、全国からのお客様方の交通アクセスが便利になります。

またスペースが広くなり、ご来訪いただく皆様方に十分ゆったりとしたスペースをご提供できるようになりました。

これを機に社員一同旧に倍して精励し皆様のご期待に沿う決意です。

今後とも格別のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

前住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

現住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール10番・12番・14番出口上がってすぐ

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。