人として探偵が感じたこと
2018年2月25日

探偵ブログ「感情をコントロールできるように」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

気づけば、2月も今週で終わりなんですね。

あっという間だったなーと思いながら。

オリンピック、毎回、選手の本当に良い顔つき、にじみでる溢れる思いが本当にあらわれる喜びの涙、悔しみの涙、色々な思いが感じられます。

本日は高田探偵の「感情をコントロールできるように」というタイトルにさせていただきます。

オリンピック選手を見て、実力だけでなく、精神力というメンタル面、もちろんオリンピック選手は才能も必要になってくるとは思いますが、才能があっても実力を磨かなければいけませんし、精神力もバランスよく伴わなければなりません。

アスリートというのは、すべての選手に言えるのが前向き、でも前向きの裏には、たくさんの挫折と試練があってそれらを乗り越えて挑戦している。

あれだけのメンタルの強さ、だからオリンピックまで登りつめるのかもしれませんね。

心の底から悩むのと、ただ単に悩むのとはわけが違います。

ただ腹が立つのと、何かの深い思いがあって腹が立つのとはわけが違います。

実力があっても、メンタルがついてこないと伸びませんし、メンタルが過大評価であっても伸びません。

メンタルが強くとも実力をつけないとその先にはいきません。

人の心は本当に十人十色であって、ひとつひとつの心のひだがたくさんあり、それぞれの思いや感情があります。

触れてもいいひだでも、人によっては触れられたくないひだ。

自分がそう思っても、相手にはそうは感じないこともあって。

自分が喜んでいても、同じことでも、とある人には悲しいことかもしれません。

教育でも躾でも、そして仕事でも、教えたから、指導したからと言って相手が覚えた、理解したとは別問題。

わたくしも経営者になってこういうことはいやというほど自問自答しております。

当社みたいな探偵というお仕事をしていると更にそういった感情をうかがいますが、いろいろな総合的な見解としては、感情が乱れるということ

感情が乱れてしまうことみなさんも過去にもあったかと思います。

感情を乱すなということはできないかもしれません。

だったら感情を出すな、辛抱する、我慢する?そういうことでもありません。

そんな時に、自分に問いかけてみるといいのかもしれません。

ひとつその時に心得ておいていただきたいのが、

相手を追い詰めるような我欲を持たない

感情をコントロールするって先ほども述べましたように、辛抱するとか我慢するとかではないんです。

今一度、自分だけの我欲や視界だけでなく、その先に何が自分には必要なのか、だれが必要なのか、それには「なに」「だれ」がどうあってほしいのか、

話を戻すと、アスリートの方々だってそうだと思います。

自分だけ上達、成長すればいいという我欲、これはだれだって最初はそうかもしれません。

突き詰めていくと歩いていくと、大会に必要なお金だったり会場だったり、それらには必須なサポートだったり、奮い立たせてくれた応援者だったり。
共にライバルで切磋琢磨した友がプレイヤーではなく真のマネージャーとして応援してくれたり。

感情をコントロールする

とことん悩むことも必要
悲しむだけ悲しむことも大切

思いっきり泣けばいいんだとわたくしは思います。

泣いたら泣いただけ、涙が種となって芽がでて花が咲く。わたくしはそう強く思います。

だからそんな時は、今一度、感情をコントロールして冷静に考えること大切に思います。

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

平成29年11月19日より本社を(下記)にて営業しております。

新社屋は名古屋駅が最寄り駅となり、全国からのお客様方の交通アクセスが便利になります。

またスペースが広くなり、ご来訪いただく皆様方に十分ゆったりとしたスペースをご提供できるようになりました。

これを機に社員一同旧に倍して精励し皆様のご期待に沿う決意です。

今後とも格別のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

前住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

現住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール10番・12番・14番出口上がってすぐ

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。