人として探偵が感じたこと
2018年2月4日

探偵ブログ「失って後悔して今の私がいる」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は日曜日、静かな大東海ビルですが本日も接客の時間の前にブログでも書いておきましょう。

本日は、高田探偵の「失って後悔して今の私がいる」というタイトルにさせていただきます。

お客様側というのは最悪な事態で当社に来られます。

そんなお話を聞いて、どうせ最悪な状況を免れないなら残りの可能性をやるべき事をする。

そんな強い思いでお客様達はおられます。

浮気や不倫をして夫婦でいがみあったり、親子関係でもめたり、企業間取引や社員の不正で隠蔽したり横領したりとこういう探偵というお仕事をしていると幸せいっぱいのスタートでお客様とお会いすることはあまりありません。

解決にこだわる探偵として当社の場合は執り行っておりますが、早々簡単ではありません。

本当にたくさんの人たちと関わってきましたが、わたくしはそんな場面を拝見しながらいつも思うこと。

自分の一方的な気持ちをぶつけて、気持ちを理解しなければ大切な人に罵声を浴びて、些細なことにいらいらして。

だいたい、自分に非がある側がこうなってしまいます。

それでもって、そんなにひどい暴言や悪態をつくのなら、関与もせず貫き通せばいいのに、そうはいかない人も実は多くおられます。

楽しんだり喜び合ったりもそうですが、いがみあったりののしりあったりするのも当たり前のように強い口調でいう。

言われる側の心がはりさけそうでも、悲しんででも、当たり前の顔をする。

こういう場面を拝見すると、感想はいつも心が痛くなります。

厳しい言い方をすると言えば言うほど、吠えれば吠えるほど不利なのになーとも冷静に思ったりもします。

どちらにしても、言える、吠える相手がいるだけ幸せじゃないですか。

本音で向き合ってくれている、向き合える人がいるだけ幸せじゃないですか。

特に同情していただこうと思いませんが、わたくしはそんな相手である母はもう亡くなっていません。

わたくしもそうですが、人って「当たり前の人が失うかもしれない」と思った時、怖さを覚えます。

それまででないと人は気づかないかもしれない。

だから放っておけばいい←これはよく他人事で言われること

でもどちらでもいえることでもあります。

どちらでも、相手が目の前からいなくなったらなにもできません。

いがみあいも、ののしりあいも、一番は理解も共感もしてくれません。

わたくしは、母とは仲が良かったので喧嘩別れみたいな別れはなかったですが、こんなに早く別れがくるのであればもっと良い子でいたかったですし、学生時代、反抗期で母親に不満があったことなんてしなかった。

こんな些細なことでも後悔となりました。

失ってからの後悔はなんともなりません。

当たり前のことって、家族という夫婦も親子もそして日常の仕事や環境もそれぞれ少なからずとも良いことばかりではありません。

日常に慣れてくると多少の不満や文句もでてくるでしょう。

そして当たり前となっていると同時にありがたいという気持ちは隠されつつあります。

探偵という職業病なのかわかりませんが、人は完璧ではありません。

過去してしまったことは変えようもない。

でも、どういう自分であるべきかは、これからの自分自身で決まるとわたくしは強くそう思っております。

失って後悔して今の自分があるとするならば、わたくしは、後悔したくない選択をいつもしております。

我を貫くことも大事ですが、自分の思っているように人も対等に思っている訳ではないということ。

大切な人が悲しんでいる我は必ず後悔すること

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

平成29年11月19日より本社を(下記)にて営業しております。

新社屋は名古屋駅が最寄り駅となり、全国からのお客様方の交通アクセスが便利になります。

またスペースが広くなり、ご来訪いただく皆様方に十分ゆったりとしたスペースをご提供できるようになりました。

これを機に社員一同旧に倍して精励し皆様のご期待に沿う決意です。

今後とも格別のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

前住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

現住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール10番・12番・14番出口上がってすぐ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

The following two tabs change content below.

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。