人として探偵が感じたこと
2018年1月29日

探偵ブログ「そばにいてくれる人」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今年は寒いですが、早めにあたたかくなる予感がしております、たかだ探偵ですが。

みなさんはどうでしょう。笑

しかし、毎年いいますが、冬は嫌いです。

本日は高田探偵の「そばにいてくれる人」というタイトルにさせていただきます。

みなさんにもそばにいてくれる人がいると思います。

家族、友人、彼氏彼女、そして職場仲間など。

わたくしが思いますが、そばにいる人というのは人生にとって意味があって、当たり前のようですが当たり前でない重要な意味があるように思います。

そばにいる人が、ポジティブ、ネガティブでも全然違います。

そんなポジティブにいたい時もあれば、それが逆に負担になることもあります。

この探偵というお仕事をしていろいろな人を拝見してまいりましたが、総合してそばにいる人が悲しんでいたり、苦しんでいることは、その人の歩く人生においては間違っている人が多いと思います。

言うならば、食べたくない食べ物を強制的に自分の我欲の思いで食べさせているようなもの。

どうでしょうか、相手と「なに食べたい?」と会話したことありますよね?

自分が食べたくないご飯を食べるときってテンションもさがる。

職場でも不満ばかり言っていたら、自分の能力もセーブされて違うところで力を注ぐ。

夢も未来も、せっかく抱いた夢もそばにいる人によってまったく描けなくなる。

でも、そばにいる人が個々に夢や未来に向けてがんばっているとテンションも変わってくるし、自分自身もがんばらないといけないと思えてくる。

そう考えると、みなさんはどんな人がそばにいてほしいですか?

どんな人がいてくれたら幸せですか?

どんな人がいたら喜べますか?楽しいですか?

今、なんらかの意味でみなさんのそばにいる人がいるんだと思います。

そのそばにいる人たちは、自分自身をみてどんな顔をしてますか?

わたくしが、調査後の解決サポートの際によくこのお話をさせていただきます。

なんでこんなことしたんだ!

そういうことではありません。

気づける勇気が必要ってことですよね。

本日はそんなところでしょうか

さてと今週もはじまります。

今週も賑やかになりそうなオフィスですが正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

平成29年11月19日より本社を(下記)にて営業しております。

新社屋は名古屋駅が最寄り駅となり、全国からのお客様方の交通アクセスが便利になります。

またスペースが広くなり、ご来訪いただく皆様方に十分ゆったりとしたスペースをご提供できるようになりました。

これを機に社員一同旧に倍して精励し皆様のご期待に沿う決意です。

今後とも格別のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

前住所 愛知県名古屋市中区栄4-3-26・昭和ビル6F

現住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22ー8 大東海ビル7F

・名古屋駅徒歩5分
・名古屋地下街ユニモール10番・12番・14番出口上がってすぐ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。