人として探偵が感じたこと
2017年6月6日

探偵ブログ「いずれ行き詰まる」

おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日も早朝から接客がありようやく落ち着きました。

本日は、高田探偵の「いずれ行き詰る」というタイトルにさせていただきます。

仕事でもそうですが、人生におけるすべてに対して思うことは、自分だけの事を考えて歩いていくことはいずれ行き詰まります。

これは必ずそうなるんです。

自分だけに大きな利益をもたらすような仕事や人間に対しては熱心に力を入れ、得にならない事や物には興味を示さず、尚且つ協力することさえ避けようとするものです。

自分の評価が相手に対して同じ評価とも限らない、それらに苛立ちを感じれば感じるほど、次第に人や物は離れていって周囲の強力も無くなって・・・・しまう。

助けて助けてというなら人を助けることができているのか

わかってわかってというなら相手をわかってあげれるのか

そこには自分の利害が少しでもあったりすると行き詰る。

人の心など、本人しかわかりません。

どうしても自分が思っていることを同等に相手にも求めてしまいます。

でも、人って人があって自分のあり様だとわたくしは思います。

人と人が助け合えない、わかりあえないのは自分の責任だと気づけないのは先は行き詰るのかなと思います。

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばっております。

それではみなさまごきげんよう~

 

 

この記事を書いた著者

高田探偵名古屋の探偵社長
高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身)
株式会社LASコーポレーションの代表取締役
愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54170074号
21歳の時より現在に至り探偵一筋
ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。
探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。

企業理念「心笑の実現」
お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。