おはようございます、たかだ探偵です。

昨日気づいたのですが、友人からのプレゼントの栄養ドリンク。

どうもイマイチ体にあってないらしい・・・叫び

昨日、どうにもこうにも疲れ、数年お馴染みの栄養ドリンクを買って飲んだら、いつもの調子になって気づきました。

そして今朝も・・・・

こんな事、友達に言えないドクロ

気持ちがうれしいので、体調みながらお友達のはいただくことにしようっとラブラブ

今日は、気持ちは伝わらなくてもというテーマにしました。

私はあまり言い訳がましいことや恩着せがましい事は嫌いです。

もし自分が色んな状況の中でそれなりの手を尽くした上で理解をしてもらえない事があったとするならば、わたしはそれ以上の行動はしないかもしれない。

いま伝わらなくても、いつか伝わればいい

と思うタイプかも。

これは学生時代からそういう性格で、友達の彼氏との別れ話でも、

「彼氏に、●●したったのに、※×△」

そういう、「したったのに」という言葉があまり好きではありません。

それは、自分が自己満足で「したった」ことであって見返りを求めるから腹がたつんじゃないかなと当時から思ってました。

自分が「してあげたい」と思うことは、自由だしいい事だと思うけど、相手にしてもらうのが当たり前と思ってすれば、そりゃー、腹が立つでしょうって思います。

だいたい、「したったのに」という言葉からして、上からものを言う言い方がなんとなく気に入らないなと思います。

だから、気持ちもそうかなと。

よくわからないこと書いてますかね。。。。かお

ペタしてね

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。