おはようございます、たかだ探偵です。

今日もはじまりました、気持ちがいい空、おもいっきり深呼吸したら気持ちよかったです。

最近、ちょっと仕事のお話ばかりなので、自慢の姉妹その②とします。

先日の書き込みは、姉についてですが、今日は妹です。

姉と私は年子、妹はなんと13歳も離れてます。

母親にべったりだった私は、妹ができてもこれだけ離れてると三人姉妹でもちょっと違うかなと思ったけど、妹が産まれた途端、これまた、お姉ちゃんになるんですよね~。。。。

妹は、アパレルの店員さんを今しております。

これまた、姉と同様、おとなしく、おっとり系。

妹の幼少時は、からかってからかいすぎで妹が泣いて母親に泣きつき、母親に何回怒られたか・・・。

もちろん、姉は妹をそんなことしないですから、もっぱらわたしには注意をはからっていた母親。

そんな幼少時の妹とおねんねしようとしたとある日、

「ゆうちゃん、だれにも言ってない秘密があるんだ・・・・女の子

 誰にも言ってないけど、妹だけに教えるけど、二人だけの絶対のひみつだよ!」

幼少の妹は、ウトウトしかけていたのが、目をまん丸にしてゾクゾクしている様子。

「なになに?わかった!絶対に言わない。」

指きりげんまん。

「実は・・・・・ゆうちゃん、宇宙からきたんだ星

 宇宙の世界から高田家にきて、みんなはそれを知らない。

 だから、本当は高田家の子供じゃないんだ・・・」

そういうと、妹は、シクシク泣き出しそうになり、簡単に指きりげんまんの2人の約束を破り、

「ママ~!!ゆうちゃん、宇宙からきたんんだって~。ほんとなの?!?

って泣きながら母親のところに行ってしまいました。

案の定、母親に・・・・

「いい加減にしなさい!!ばかなこと言うんじゃないの。」

はい。ごめんなさい・・・・シラー

母親の後ろで、にっそり笑う妹を今でも覚えてる。

そんな妹も大人になったなと最近、しみじみと感じる。

少し前に食事をしたんですが、大人になった妹を見て何回ウルウルと泣きそうになったか・・・

これだけ離れていると、半分親心なんですよね音譜

あ~ちゃん、無理せずお仕事がんばってねドキドキ

ペタしてね

The following two tabs change content below.
名古屋駅の解決探偵

名古屋駅の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 ただ探偵として調査を提供するだけでなく、浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動、解決に向けて取り組み多数の実績から全国からの高田の指名でお客様が相談に駆けつけてきます。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いている。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。